資格試験 長期受験生にならないための秘策 難関資格試験の一発合格は難しいと心得るべき

資格試験 長期受験生にならないための秘策 難関資格試験の一発合格は難しいと心得るべき

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

難関資格試験を受験したという方、このご時世で多いかもしれません。

司法試験も合格率が4割を超えたから挑戦したいとか思っている人もいるでしょう。

多くの予備校では、一発合格を謳っているところが結構ありますが、現実はどうなのでしょうか。

今回は、長期受験生にならないための秘策と題して、色々書いていきます。

資格試験 長期受験生にならないための秘策 難関資格試験の一発合格は難しいと心得るべき

予備校の謳い文句 本当に1回で合格できるのか?

司法試験の場合、手っ取り早く受かりたいのであれば、予備試験経由が効率いいです。

しかし、予備試験、昨今の司法試験の合格ルートでわざわざロースクールに通わなくていいという観点から、結構受験者も多いようです。

しかし、予備試験受かるには狭き門。

それを知らないで予備試験を受験してしまうと、長期受験生の道に入ってしまいます。

1年で1回で受かるためには、本当に効率よく、範囲を絞って勉強していかないと厳しいです。

1回で合格する気持ちで取り組む必要、それなりの覚悟を持って資格試験を目指すことがまずは長期受験生にならない秘訣かと。

素直になること 勉強法は絶えず検討する

自分も司法書士受験生だった時にハマったところです。

長期受験生の特徴のひとつに、自分の勉強方法を変えないというのがあります。

つまり、ずっと落ち続けているのに、勉強方法を変えず、ずっと来ていることが多いのです。

また、教材もコロコロ変えてしまうのも、長期受験生の特徴。

ここはテストに出たにも関わらずテキストには書いていないので、別のテキストを使ってみる。

そうするとどれも中途半端になり、結局は身についていない、そして試験に落ちるということが続いてしまいます。

資格試験受験生には根気も必要ですし、割り切りも必要です。

絶えずPDCAすることが、短期合格のために必要となります。

満点を目指さない 合格点を目指す勉強を!

このブログで何度も書いていますが、合格のためには完璧主義を捨ててください。

長期受験生の多くは完璧主義に陥りがちです。

あと、長期受験生は「基礎」をおろそかにしがち。

まずは、合格点を取る勉強に注力すべきで、多くは「基礎」でカバーすることができることです。

基礎とは根本的な部分の理解と頻出分野を丁寧にこなすことをいいます。

まとめ

長期受験生になるかならないかは、実は1回目の勉強スタイルで決まります。

合格点を目指す、絶えずPDCAを行うこと、これが短期合格の勉強法の第一歩です。

今回は
『資格試験 長期受験生にならないための秘策 難関資格試験の一発合格は難しいと心得るべき』
に関する内容でした。

YouTubeのチャンネルはこちら(チャンネル登録よろしくお願いします)

あわせて読みたい

資格試験に関するブログはこちらから

参考書籍

資格試験に超速で合格る勉強法

尾本一明 すばる舎 2017年04月15日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ