資格試験 受からない人はなぜ受からないのかを徹底的に分析すべき

関連動画

資格試験 残念な結果になった方の次のステップはどうするか?

資格試験 受からない人はなぜ受からないのかを徹底的に分析すべき

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

個人的に思っているのは、難関資格試験で、短期で合格する人もいれば、何度受けても受からない人がいること。

私は、長期受験生には、本気で合格したい人にぜひ合格してその仕事に早く入ってきてほしいという思いがあります。

なので、長期受験生の方には早く合格のステージに入ってほしいのです。

今回は、敗因原因を徹底的に分析すべきというタイトルで書きます。

資格試験 受からない人はなぜ受からないのかを徹底的に分析すべき

あなたが受からない原因は?知識が足りないからではない

難関資格試験はやはり、合格率が低いので、そこまでたどり着くには相当の努力が必要です。

ただ、正直受験生の中で真剣にこの年の合格を目指して受験している人は半分程度。

司法書士試験の場合、何年受けても基準点に到達していない場合は、勉強方法を誤っている可能性が高いです。

過去問は何度もまわしているのにとかテキストを何度も暗記するまで読んでいるとか言う人もいます。

しかし、同じような教材を使って受かっている人もいるのも事実。

となると、勉強の仕方が間違えているということになります。

暗記偏重な勉強方法していませんか?

理解しながら勉強していますか?

もし、同じテキスト、同じ過去問を使って勉強している人がいれば、その人にどのように使って勉強しているのかしっかり聞くべきです。

知識の多寡ではないことに気づくはずです。

徹底的に受からなかった人は敗因分析をしっかりしてください。

講師のせい 予備校のせいにしていてはいつまで経っても受からない

受験生の中には、予備校のせいとか講師のせいとかしている人はいませんか?

本来の敗因は自分にあるのに他人に転嫁させているのがいけません。

予備校も合格に必要な情報は提供しているはずだし、講師も熱心に受講生の面倒も見ています。

そうでないと予備校も商売なので評判も出てきてしまい、生き残れなくなるからです。

責任を転嫁させる方に多いのが、やはり完璧主義とか満点主義とかの人。

資格試験は合格点を取れればいいので、もう一度自分自身を見直して対策を講じるべきです。

まずは過去問 未来問などはどうでもいい

過去問しかやらないと受からないとかいっている予備校があるようです。

しかし、まずは過去問をしっかりマスターすることが合格への近道です。

過去問以外の問題が出るときは多くの受験生は落としているので問題ありません。

むしろ過去問の応用知識で合格者が得点できているのであれば、それは過去問の出題範囲と捉えるべきです。

司法書士試験で、令和3年度の午後の択一式の基準点が66点(22問正解)ということは、できなくてもいい問題がそれなりにあることを意味しています。

おそらく、合格者であっても、75点(25問正解)で10問くらい平気で落としている人が受かっているのです。

そういう数字の分析もしっかり踏まえ、予備校の謳い文句に騙されないことも重要です。

まとめ

なかなか受からない方は、自分の勉強方法を見直す、予備校の謳い文句には騙されない、予備校の講座をうけるのであれば、能動的に受けることが重要です。

あとは、勉強方法の見直しもしていく必要があります。

今回は
『資格試験 受からない人はなぜ受からないのかを徹底的に分析すべき』
に関する内容でした。

YouTubeのチャンネルはこちら(チャンネル登録よろしくお願いします)

あわせて読みたい

資格試験に関するブログはこちらから

参考書籍

捨てる勉強法

並木秀陸 明日香出版社 2016年03月03日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ