「棚からぼた餅」身動きできない時間を活用しない手はない!【会社設立アドバイザーの日記】

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

写真 2015-08-15 17 07 59


動かない車内で・・・

先日打ち合わせがあり、帰ろうとして駅にいくと・・・

なんと停電で運転見合わせ中

ただ、すぐに運転再開だし、行こうとしていた方向に電車が止まっていたので、とりあえず乗った。

しかし、電車が動く気配はなし・・・

時間が過ぎてしまう、もったいない・・・

そうだ、車内カフェをしよう!

おもむろにノートパソコンを開いて作業。

そうこうしているうちに電車運転再開。

電車が動いていない間に、ひと仕事できました。

棚からぼた餅
ある意味ラッキーでした。

a0002_001080

何も出来ない時間だからこそ・・・

何もできず、ただ時間だけが過ぎていく

なんだかもったいなくないですか?

時間に制約がある方は、他の交通手段を考えるでしょう。

ただ、時間に余裕がある、他の代替手段もない・・
これはチャンス!

こういうときこそ、スキマ時間の活用ができるのです!

うまく時間が使えれば、ひと仕事できてしまうのです。

そうすることで、心の余裕も生まれ、有意義な時間を過ごせたと感じるでしょう。

経営者の方は時間がない。
だから時間にはシビアです。

だから時間の使い方が経営者の方は上手なのだと私は思っています。

経営者の方は急に予定があいたら、カフェに入って作業したり読書をしたりして、うまくスキマ時間を活用しています。

こういう時間の使い方は、これから起業する方は見習って欲しいです。

かくいう自分も見習わないといけない部分もありますが・・・

「ピンチはチャンス」

うまく時間を使いこなし、効率よく作業できればこの上ないですね。

急に電車が止まって、ふと考えた今回のブログの内容でした・・・


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

「お金持ち」の時間術 (二見レインボー文庫)

中谷 彰宏 二見書房 2015-06-02
売り上げランキング : 14404

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ