やっと横須賀・総武快速線の新型車両E235系1000番台が撮影できた!

やっと横須賀・総武快速線の新型車両E235系1000番台が撮影できた!

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

最近鉄道業界で賑わっていたのは、横須賀・総武快速線で新型車両が登場したこと。

私も12月に見たのですが、ホームに到着した途端出発したため、慌てて動画撮影したに過ぎませんでした。

今回、たまたま前面の形を撮影できたので、ブログに書きます。

やっと横須賀・総武快速線の新型車両E235系1000番台が撮影できた!

前面は平べったい形

横須賀・総武快速線で今後E217系に置き換わって運転されるのがE235系1000番台。

付属編成(4両編成)も含めてすべてロングシートとなり、クロスシートはなくなります。

完全に通勤型に特化した車両となります。

ドア上にはLCDがあり、各種情報がテレビ画面みたいに表示されます。

見た目は山手線で走っているE235系と変わらない印象です。

前面は平べったい形で、現状多く走っているE217系とは異なる印象を受けます。

E217系は今後どうなるのか?

E235系はどんどん増えていくので、E217系は現状多いですが、どんどん減っていくでしょう。

数年後にはあっという間にE235系に置き換わるでしょう。

個人的な意見ですが、E217系が無くなる直前に撮影するよりも、なくなることを知っているのであれば、早めに記録に残したほうがいいと思うのです。

なくなる直前になって撮影にいってトラブルに巻き込まれるよりも、今のうちであれば記録に取りやすいのではないかと。

最近は鉄道会社もうるさくなっていて、一般のお客様にも迷惑がかかっているように感じます。

まとめ

E235系のグリーン車は、電源もついているようで、今までとは設備も充実しているとのこと。

まだゆっくり乗車しているわけではないので、今度時間があればじっくり乗車していきたいです。

今回は
『やっと横須賀・総武快速線の新型車両E235系1000番台が撮影できた!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近の鉄道日記ブログはこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ