「Ginza Noodles むぎとオリーブ 銀座店」一風変わったつけSOBA 他では味わえないスープに感激![グルメ日記]

「Ginza Noodles むぎとオリーブ 銀座店」一風変わったつけSOBA 他では味わえないスープに感激!

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

たまたま銀座界隈で仕事があり、ランチをどこにしようかまたまた「Retty」で検索。

すると「Ginza Six」裏側にラーメン店があるみたいとのことで行ってみることに。

その店の名前は「Ginza Noodles むぎとオリーブ 銀座店」です。

「Ginza Noodles むぎとオリーブ 銀座店」の場所は?

関連ランキング:ラーメン | 東銀座駅銀座駅築地市場駅

「Ginza Noodles むぎとオリーブ 銀座店」の店の雰囲気は?

銀座界隈にあり、外観は可愛らしい印象を受けました。
とてもラーメン店とは思えません。

▼店の外観

店内はカウンターのみ。
狭いと思いましたが、奥にも席があります。

意外とびっくりしたのは、女性ひとりのお客さんが多いこと。

やはり入りやすい店作りをしているのだと感じました。

ラーメンよりもつけ麺が食べたかったので「つけSOBA」に(2019年8月29日訪問)

「Ginza Noodles むぎとオリーブ」は、主にラーメン、まぜそば(まぜSOBA)、つけ麺(つけSOBA)の3種類。

そとは相変わらずの暑さに、ラーメンではなく、サラッと食べたかったのでつけSOBAに。

今回は「蛤と鶏のつけSOBA」・
お値段は1,000円なり。

待つこと数分でまずは麺が着丼。

盛り付けがきれいで、サラダ麺の印象を受けました。

▼彩り鮮やかな盛り付け

野菜が多いとなんだかヘルシー感があっていいですね。

そして、つけスープが。
なんか、蛤の香りが漂いました。

▼サラッとしていい香りの漂うつけスープ

早速いただきます。
まずはスープから。

うん、蛤と鶏と野菜のスープが見事にマッチ。
しかも今までのつけ麺のスープで味わったことがない、なんとも不思議な出会い。

サラッとしていて、しつこさはまったくない。
かといって蛤、鶏、野菜のそれぞれの持ち味を生かしたスープで美味しい。

▼つけSOBAのトッピング

麺はもちもちの中太麺。
これがスープでつけるとさらに旨味が増します。

具は、水菜、鰹節、海苔、蛤、鶏チャーシュー。

さらにレモンを麺に絞ってつけ汁でいただくと、さらに爽やかさが増して美味しい。

そして、美味しいスープを味わいたくてスープ割りを。

なんかまたマイルドに拍車をかける味わいに。

深くて旨味が凝縮されたスープを最後一滴も残さずいただきました。

まとめ

なんだか今まで味わったことがないスープにコシのある麺がからみ美味しくいただける「Ginza Noodles むぎとオリーブ 銀座店」の「蛤と鶏のつけSOBA」

ぜひ味わってみてください!

今回は
『「Ginza Noodles むぎとオリーブ 銀座店」一風変わったつけSOBA 他では味わえないスープに感激![グルメ日記]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近のグルメ日記ブログはこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ