神田天丼家 揚げたての天麩羅に辛めのタレの天丼がなんと600円![神保町グルメ日記]

神田神保町で天丼を600円で食べることができる「神田天丼家」

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

神保町は美味しい店が目白押し。
今回紹介する「神田天丼家」は、作り置きしない揚げたての天丼をいただけるお店。

なんと600円でいただけるのです!

神田天丼家 揚げたての天麩羅に辛めのタレの天丼がなんと600円![神保町グルメ日記]

お店の外観

お店の場所

関連ランキング:天丼・天重 | 九段下駅神保町駅竹橋駅

食べログ

天丼メニューは2種類のみ

「神田天丼家」のメニューは2種類のみ

天丼
えび天丼

あとは、お新香と天ぷら単品でいかとか追加できるのみ。

メニューは至ってシンプルです。

サクッとカラッと揚がった天ぷらにタレが染み渡る「

今回は天丼を注文。
(行ったときにはえび天丼はなかった・・・)

天ぷらの具材は、えび、いか、きす、かぼちゃ、のりの5種類。

ごま油のいい香りがカウンターにも漂ってきます。

待つこと数分で着丼。
早速いただきます!

うん、カリッとサクッと揚がっている具材。
仕事が丁寧だとわかります。

丼タレは甘みが少なめですが、天ぷらとご飯の相性は抜群。

天ぷらの大きさは小さいかもしれませんが、これで味噌汁がついて600円は本当にお得です!

店主も丁寧な言葉使いなのと店員さんも温かい言葉かけで共感が持てます。

ちょっと残念なのは「神田天丼家」、営業日が月曜日から木曜日までになってしまったこと。

残念ですが、致し方ないですね。

まとめ

今回は、庶民の味方「神田天丼家」を紹介しました。

また、こちらの方に来る用事があったらまた来たいです!

他の店舗にも是非行ってみたいです!

今回は
『神田天丼家 揚げたての天麩羅に辛めのタレの天丼がなんと600円![神保町グルメ日記]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近のグルメ日記ブログはこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ