司法書士業務日誌 司法書士はあなたのお困りごとをサポートします!

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

あるTwitterの投稿で、見積書の写真を載せ、この報酬高いというのがありました。

司法書士業務を理解していないとなると悲しくなりました。

そして、ふと思ったのですが、司法書士は依頼者をサポートする業務に徹していると。

どういう意味なのか、今回書いていきます。

司法書士業務日誌 司法書士はサポート業務

司法書士はなぜ依頼者を支える業務に徹しているのか?

正直、相続登記でも会社設立登記でもやろうと思えば自分でやれます。

しかし、自分で書類を準備したり、法務局に行ったりするのは面倒。

さらに登記申請も補正になってしまうと面倒だし、下手すると取り下げになり登記できないことも。

自分では難しいことを書類の作成から必要書類の準備、そして登記申請までサポートするのが司法書士の役割です。

あなたが仕事などで動けない分、登記申請のプロとしてあなたに代わって手続きを代行します。

なので、あなたは安心して司法書士に依頼してもいいのです。

最近は登記申請以外にも司法書士は様々な業務に進出中!

登記業務以外にも司法書士はあなたのお困りごとのサポートをしています。

企業法務だと、会社法務全般で経営者を支えています。

商業登記を起点として、株主総会の招集方法や議事録作成のサポートなど、中小零細企業の経営者の味方になっています。

また、裁判業務でも、地方裁判所の訴状や準備書面などの書類作成業務も司法書士の業務。

さらには、成年後見業務でも被後見人などを支える役割を司法書士が果たしています。

最近では、遺産整理業務や民事信託でも司法書士の役割が大きくなっています。

司法書士業務の報酬はどうなのか?

あなたに代わって仕事をするので、報酬は当然発生します。

しかも、司法書士は国家資格を与えられ、それに基づいて仕事をしています。

なので、それなりに報酬はかかっても仕方がありません。

司法書士もあなたから頂いた報酬で生活をしているので、多少は高いと思うかもしれません。

しかし、司法書士報酬で高いと思われるのは、だいたい法務局に支払う登録免許税。

登録免許税も登記の申請の内容や難易度、時間の長短で変わってきます。

なので、もし司法書士報酬が高いと思ったら、まずは登録免許税のところを見ていただき、それから判断して下さい。

司法書士も報酬の分、一生懸命あなたをサポートしているのです。

まとめ

司法書士は弁護士と異なり、依頼者に寄り添ってサポートするのがメイン。

登記業務、裁判業務、企業法務などあなたに代わって業務をしますので当然報酬も発生します。

司法書士が果たす役割を理解していただけると嬉しいです。

今回は
『司法書士業務日誌 司法書士はあなたのお困りごとをサポートします!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

司法書士で独立して食べていくことは難しいのか 私なりに書いてみました。

参考書籍

司法書士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本[第2版]

大越 一毅 秀和システム 2018-07-28
売り上げランキング : 252401

by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ