京浜急行2000形が引退・・・ 早速撮影してきた!

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
鉄道大好きの司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

京浜急行で活躍していた2000形。
2018年3月をもって全編成引退しました。

2000形引退するということで早速私も撮影しに行きました。

京急2000形引退 早速撮影してきた!

京浜急行2000形は、京浜急行として初めて両扉開きの車両として誕生。

各車両2ドアで最高時速は120キロです。
鶴見付近から横浜までJRとの競争はなんとも迫力あるものでした。

快速特急やウイング号で使用されていた車両。

2100形の登場により、2ドアから3ドアに、一部を除きロングシートに改造されました。

晩年は、羽田空港から新逗子までのエアポート急行で活躍していました。

京急2000形 早速横浜駅で撮影してきた!

3月10日、小田急ロマンスカーの新型車両お披露目会が海老名でありました。

撮影会後、相模鉄道で海老名から横浜へ。
そして京急線のホームへ。

お目当ての2000形は8両編成。
当時は2000形は2編成運転していたので、どちらか見られればラッキーと思っていました。

そうしたところ、お目当ての2000形が登場。

登場した当時のカラーではない編成。
それでも貴重だと思い撮影。

その後何度も待ってみましたが、もう一編成は取れず、その日の撮影は終了しました。

2000形以外にも様々な編成を撮影

2000形撮影の合間に、京急創立120年記念「京急沿線の風景」ギャラリー号に使われている新1000形の撮影ができました。

さらに、2000形より先に引退すると思っていた800形も撮影。

意外と多くの車両を撮影でき、収穫が多かったです。

その後写真の整理をしていたら、2000形のオリジナル編成の写真が見つかりました。
2014年12月頃撮影していました。

まとめ

京浜急行2000形は登場時のインパクトもすごく、スピードも早い印象を受けました。

引退が早いと思いましたが、しょうがないですね。

今までお疲れ様でした・・・

今回は
『京急2000形引退 早速撮影してきた!』
に関する内容でした。

2018年1月2日、箱根駅伝を見に行ったついでに京浜急行の車両を撮影しました。こちらも御覧ください。

2018.1.2 鉄道写真日記 京浜急行を中心に!

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ