親よりも子供のほうが心配?~最近の相続の相談を受けて・・・ 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の相続日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は相続・遺言に関するお話。


以前のブログで、自分の親よりも
子供世代のほうが相続に関心がある
ことを書きました。


なかなか相続については「気づき」を
得ないと話しづらいということが
あります。


今回のブログで
「相続対策をしておかないと大変な
ことになる」

ということを読んでいただいている方が
気づいてくれれば嬉しいです。

親よりも子供のほうが心配?~最近の相続の相談を受けて・・・


子供が親の相続で心配していることとは?


一番子供にとって困ることは、
自分の親の財産がどれだけあるかという
こと。

最近は相続税の引き下げによって、相続税
を負担する人が増えるかもしれないという
ことで、心配している方もいます。


相続財産だけでなく、負債も相続の対象と
なるので、相続が原因で揉めてしまうこと
もあるのです。


このことは親が知ってほしいことであり、
子供にも伝えておくべきでしょう。


相続対策をしていないと、思わぬところで
問題が起きてしまうのです。


親を相続対策に巻き込ませる方法はあるか?


子供として親に伝えたほうがいいことは
以前も書きました。


親としては何かきっかけがないと
動かないものです。


特に「相続」のこととかを話し始めると
きっと振り向いてもくれません。


そのときに何を話すといいのか?


もし身近な人が相続が発生したときに
大変だったとか困ったとか事例があれば
そのことをいうのがいいでしょう。


知り合いがこんなことで苦労したのだから、
自分たちは巻き込まれたくないことを
いうと親も相続対策をしないといけないと
少しだけでも心が動きます。


もし自分の親が相続対策で心が動いたら
「エンディングノート」とかをプレゼント
するといいでしょう。


いきなり相続対策というのではなく
まず自分がどうしたいのか人生設計を
書き始めることからスタートすることで
相続に関するハードルをさげること

大切です。


場合によっては、一緒に書きながら
お話するのもいいと思います。

まとめ~最近の傾向から


私の事務所では相続開始後の不動産の名義
を書き換えたいという配偶者からの相談が
多いです。


ただ、最近は、子供たちが親の相続に
関してものすごく心配し、相談される方が
増えています。


予防法務といって、相続開始後に起き
そうな問題を今のうちから解決しておこう
という傾向が強いです。


相続だけでなく認知症になったらとか
その辺りも心配される子供も多いです。


後ろ向きに考えたくなる相続。
そこは少しずつでも話し合うことが
相続開始後に慌てなくて住むことを
親も子供も理解することが大事です。


今回は
『親よりも子供のほうが心配?
~最近の相続の相談を受けて・・・ 』

に関する内容でした。


参考書籍

もしもの時に安心! エンディングノート

武内 優宏 プレジデント社 2015-05-29
売り上げランキング : 339625

by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ