『服は、あなた』洋服の着こなしであなたの人生が変わる? 【司法書士の読書日記2016年31冊目】

東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


2016年31冊目、今回紹介する本は、
『服は、あなた。』
(政近準子著 マイナビ出版)

服は、あなた。

政近 準子 マイナビ出版 2016-10-05
売り上げランキング : 4958

by ヨメレバ

はじめに

「服でこんなに得をしたり、損をしたり
するものか」


服というのは自分の姿を表している。


いくら高級なものを身に着けていても、
着ていく場所と雰囲気が合わなければ
意味がない。


つまり目立とうとすることよりも
自分を際立たせる服を着ること、
ちょっとしたことでこんなに見せ方が
変わるのかと感じた本である。


本来女性の方に読んでいただきたい本では
ある。


ただ、男性が読んでも女性の洋服の考え方
を学べるので最適。


男性が女性に送ってもいい本である。


パーソナルスタイリストの第一人者
政近準子さんの切れ味するどい文章が
響く本。


服は生活の一部ということを認識
させられた。


服ばかりに気を取られない 生活の一部として考える


この本を読んで感じたこととして、
服は自分の分身みたいなものだということ。


服の着こなし方次第で、その人の生活の
あり方が変わってくるもの。


いくら高い服を買っても、
服の扱いが酷ければ、すぐにだめに
なってしまう。


こういう細かい所の配慮が実は
自分の成長にもつながるということを
感じた。


「たかが服、されど服」


服が生活の根底を支えている気がした。


服に無頓着な私も大いに反省・・・


服は生活の一部であると書いたが、
自分を変えたいのであれば何から
変えていくべきか?


内面から変えることは難しい、
まずは外面から。


ただ、先程も書いたが、違和感の服を
着ても浮くだけで意味がない。


自分は何者か、自分を表現するもの
それが服である。


服で人生が決まると言っても過言ではない。
そんな内容の本であった。


服に無頓着すぎる私は大いに反省・・・


※著者の政近準子さんと記念撮影

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-22-18-18-37

まとめ


この本は女性の方が読む本。


だからといって男性が読んでも遜色ない。


女性がどの気持ちでこういう服を着るのか
知ることは、お互いの理解を助けることに
つながるからだ。


ぜひ男性の方も読んでいただき、女性に
プレゼントしてほしい。


きっと喜んでくれるから・・・

服は、あなた。

政近 準子 マイナビ出版 2016-10-05
売り上げランキング : 4958

by ヨメレバ

ブログに載せられなり実務の情報も満載!
日々の思っていることを書いている
「司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!」
メルマガ登録登録はこちらから! 
 

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ