『スタンフォードの自分を変える教室』【会社設立アドバイザーの読書日記】

久々の読書日記

今回紹介する本は
「スタンフォードの自分を変える教室」

 

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

ケリー・マクゴニガル 大和書房 2015-10-10
売り上げランキング : 440

by ヨメレバ

自宅に積読になっていた本


たまたま本屋に行ったとき
「自分を変えるにはどうしたらいいか」
と思って買った本。


ただ、ずっと読まないで、ずっと自宅に
置きっぱなしだった。


しかし、類書の

「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」

が出たため、この本を読んでみるかと思い、
読んでみた。

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

ケリー・マクゴニガル 大和書房 2015-10-22
売り上げランキング : 94

by ヨメレバ

 

すると、
『スタンフォードの自分を変える教室』
から2つの自分にとって興味のある部分
発見した。

 

やっぱり睡眠は大事!

自分の力を存分に発揮するためには
睡眠はとても大事だということ。


もともと自分は、寝なくてもなんとか
なると思っていたが、年をとるに連れて
睡眠が大事なのは実感している。


睡眠時間が少ないと、
その日の仕事のパフォーマンスが極端に
下がってしまう。


この本を読んで、
やっぱり睡眠は大事だと
改めて感じた。


瞑想が思わぬ作用を・・・

瞑想

ある方からもいいとすすめられているのが
瞑想。

ただ、実際どうすればいいのかが
分からない。

また、瞑想の効力がどんなものか
正直疑問があった。


この本を読んで、
瞑想は思わぬ効果があるということが
分かった。

これは自分の脳を落ち着かせ、
良い作用が出るようだ。

この本を読んで、瞑想のメリットを
つかむことができたのは大きい。


瞑想と行かないまでもも
呼吸の方法で、落ち着く効果が得られる
ことには驚いた。


自分自身、たくさんの事柄があると
非常に頭のなかが混乱する。

そこで、

この呼吸法を身につけて
落ち着いて行動が取れるように
なれれば、仕事の効率も上がる

と感じた。


まとめ

この本は自分を変える方法として
様々なことが書いてある。


特に私が印象に残ったのが
「睡眠」と「瞑想」
である。


違った時に読むとまた別の発見ができる
と思うので、また再読してみたい。


自分自身をなんとか変えたいと思った方

この本でヒントが得られるであろう。

最近文庫版になったようですね・・・

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

ケリー・マクゴニガル 大和書房 2015-10-10
売り上げランキング : 440

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ