あなたの文章 「買わせる」行動をさせる文章ですか? | 江戸川区葛西司法書士行政書士きりがや読書日記



写真 2014-09-20 12 16 13★「買わせる」文章を書きたいあなたへ!

今回紹介する本は、
『買わせる文章が「誰でも」「思い通り」
に書ける101の法則』
(山口拓朗著 明日香出版社)

この本を率直に読んだ感想

相手の買わせるための心理を
文章で表現するノウハウが
惜しげもなくみっしり書かれていること。

この本は「買わせる」ための文章の書き方に
フォーカスを当てている。
ただ、文章は相手に読んで理解してもらって
なんぼのもの。

文章の書き方に悩んでいるあなたには
最適な本であるし、強くお勧めする。

タイトルに「買わせる」となっているが、
自分の文章を相手に読まれているか
不安なあなたにぜひ読んでもらいたい。

★ブログを書くときにも役に立つ本

ブログは一種の自己表現を示す場所。

どうしても、ブログの場合、
自分本位で書きたがる傾向が多い。

しかし、真に相手に文章の内容を
理解されなければファンも増えない。

そこで、相手の心理をうまく操り
自分の文章をいかに相手に伝えるか
大事になってくる。

著者の山口さんは文章の達人。

どうすれば、相手に伝わる文章をかけるのか
文章の書き方をFacebookやブログ等で紹介し、
自分も大いに勉強させていただいている。

今回の本はは「買わせる」文章をテーマに
している。

しかし、「買わせる」ことは結局は
いかに相手に響く文章が書けるかどうか、、
「読んでもらえる」文章を書くかに
かかっている。

いかに読ませる文章、買わせる文章にするか
豊富な事例でわかりやすく解説してあるので、
本当に重宝する。

ブログ等文章を書く方には本当に
勉強になる本である。

★「相手本位」で書く文章の大切さ

言葉の表現一つで印象がガラリと変わる。

人間心理を活用し、巧みに文章でうまく表現できれば
その人の心に響き、行動に移してもらえること。

結局は相手にいかに伝わるかで勝負が決まる。

「買わせる文章」とは、
「自分本位」でなく、「相手本位」で書いた文章
をいう

これが山口さんが一番言いたいこと。

文章を書くときに肝に銘じていきたい。

★まとめ

文章は常に相手本位で書くことが大事。

文章の出来不出来で書いている人の印象が
がらりと変わってしまうだろう。

この本を読んで、ぜひ骨太の文章の書き方
を学んでいただきたい。

買わせたい文章を書きたい方、
相手の心に響き、行動に移してもらえる文章を
書きたいあなた、
この本は必見である。

合わせて、山口さんの著書
『伝わる文章が
「速く」「思い通り」に書ける87の法則』
(明日香出版社)
も読むと、さらに文章の楽しさを学ぶ
ことができるだろう。

写真 2014-09-14 15 16 47

今なら「週刊東洋経済」予約購読がお得!
9月30日まで!

Comments

comments

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告