目先だけの利益にとらわれていませんか? | 司法書士行政書士きりがや中小企業日記

 

bus0027-001
★一つのことだけに気を取られていませんか?

役員変更するときに気をつけないと
いけないこと。

建設業や宅建業などの許認可を
得ている経営者の皆様。

役員変更の届け出を役所にとどけて
いますか?

意外と忘れがちなので注意しましょう。

★手続きを忘れてしまうと・・・

忘れてしまうとどうなるか?

まず、始末書を書かないといけません。
これは役所に対して印象が悪いですよね。

決められた期間までに必ず役所に提出
しましょう。

さらに役員が変わることで、
他にも手続きが必要なものが出ることが
あります。

★目先だけのことにとらわれないこと

中小企業経営の場合、
どうしても出費を抑えたい気持ちがあり、
その都合で役員を変えたりするケースが
散見されます。

その時に、つじつまを合わせるために
法的手続きを無視し、後々トラブルになる
ということもしばしば。

勝手に手続きをしたために、不利益を生じた人から
訴えられてしまい、経営どころではなくなる

または従業員同士の対立も表面化・・・

家族経営といえども、法律に基づく
会社経営をすることは本当に大事です。

目先の利益だけにとらわれず、
将来の事業計画に合わせて経営する。

家族経営でこじんまりしていようが、
従業員がいようが、規模は関係ありません。

迷惑がかかるのは、その周りの方々なのですから・・・

★まとめ

書いている内容がかなり過激かもしれませんが・・・

大事なのは、目先だけの利益で会社を経営していると
トラブルが発生する可能性が高いこと。

必要経費を削ることは大事ですが、
削ってはいけないものを無理して帳尻合わせ
することは会社経営のトラブルの元。

また、所定の手続きを忘れてしまい、
後々面倒な問題にもつながります。

中小企業の経営者の皆様。
税務面のことも大事ですが、
法律面のことも大事にしていきましょう。

※下記の雑誌は今の日本経済の状況や個人のことなど
鋭く解説してあります。
経営者のあなたにぜひともおすすめします!


Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ