カレーのココイチに見る事業承継の成功例とは?【会社設立アドバイザーの業務日誌】

会社の業績が良かったからこそ相手先が見つかった!

CoCo壱番屋でカレー店を展開している
ココイチ。

先日ハウス食品に買収されるという
ニュースが流れました。

先日ヤフーニュースでみたところ
中小企業の経営者には参考になることが
多かったので、シェアします。

カレーのココイチ、創業家の鮮やかな引き際


次のことを考えての買収

せっかく自分たちの代でいいものを
築き上げたのに、後継者がいないと
続かなくなってしまう。

ただ、継ぐ人がいない場合
考えられる方法の一つとして

会社自体を売却する

というのがあります。

いわゆるM&Aです。


自分たちで終わらせてしまうのは
もったいないです。

従業員は周りの方のことを考えた時、
そういう選択肢も一つの方法です。


ただし、周りの方々の協力はどうしても
必要となるので、周到な準備は
必要です。


さらに大事なのは、
自分たちの会社を魅力ある
ものにしていくこと
も必要です。


誰かに継がせることもそうですが、
事業承継の対策には時間がかかる
その間に経営者はやることが多い

ということを常に頭に
入れておく必要があります。


まとめ

ただ誰かに継がせるよりも似たような
会社に売却することもありです。


売却先のことも考え
会社というものは永続的に続くもの

だから、
魅力あるものにつくりあげることが
経営者の務めであり、大事なこと

だということを自覚しましょう。

 

知識ゼロからの会社の継ぎ方・事業承継入門

真部 敏巳,河合 保弘 幻冬舎 2015-08-27
売り上げランキング : 67974

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ