次にどうつなげていくか 売却or事業承継? 自分の会社の価値を高める 飲食店を例にして・・・ 【江戸川区葛西司法書士の企業法務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに


飲食店の例ですが、
事業承継に関する話題が2つ掲載されて
いました。

『消えゆく個人経営うどん店を
人気ラーメンチェーンが救済する理由』


『後継者不足に悩む「地域密着の個人店」。
その火を絶やさないと決意した
「二代目の熱き想い」を聞く』


これはどの業種にも当てはまる問題。


特に中小企業では事業承継は深刻な問題と
なりつつます。


早い段階から対策を立てるべきです。

businessmen-397680_1280

誰に継がせたいか?売却or承継


飲食店の例ですが、折角の伝統の店を
なくさないために、大手企業が買収して
経営を続けている例が紹介されていました。


経営者としては、収入にもなるし、
雇用は継続されるので従業員も安心、
企業側も魅力あるところに投資することで
収益を伸ばせる。


Win-Winの関係を構築することが可能です。


これはあくまでも伝統の会社に魅力が
あったから出来たことで、
買収までこぎつけたのだと思います。


承継の例は、自分が何となく
後を継ぐことが分かっていたので、
自分で勉強し、しかるべき時に対応できた
ことでうまく行った例です。


あくまでも飲食店の例ですが、
自分から企業を良くしていこうと思って
いるところは承継がうまくいっていると
言える気がします。

graph-163509_1280

自分の会社の価値を高めていくことが大事!


私は、
会社を作ったのであれば、
永久に続くものであるから、
自社内の価値を高めていく必要がある

と思っています。


社長が自分の会社をどうしたいのか
ビジョンを描くこと、それを従業員に
知らせることが、会社を存続させる
一つの方法ではないでしょうか。


後は会社設立段階から次の世代を
どうするか考える。


売却するにしても、後継者に会社を
継がせたいと思っても、会社自体に
魅力がなければ誰も継ぎたくありません。


会社の価値を高めるのが、社長の大事な
仕事であるように感じます。


会社の価値を高めることが、しいては
周りにも影響をあたえることが
できるのです。

hands-1063442_640

まとめ


「魅力ある会社作り」


今回は飲食店を例にしていましたが、
自分の会社に置き換えて考えてみる
ことが大事。


それができれば、後継者にも他の会社にも
信頼されてくると思います。


これから起業するあなた。
是非自分の会社の価値を高めることを
意識してください。


参考記事

消えゆく個人経営うどん店を人気ラーメンチェーンが救済する理由


後継者不足に悩む「地域密着の個人店」。その火を絶やさないと決意した「二代目の熱き想い」を聞く

 

参考書籍

事業承継を思い立ったら読む本

半田 道 中央経済社 2016-04-23
売り上げランキング : 26202

by ヨメレバ

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!
メルマガ登録登録はこちらから!  

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ