資格試験 答案練習会を受講してもあくまで重要なのは過去問!

資格試験 答案練習会を受講してもあくまで重要なのは過去問!

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

各種資格試験で、多くの方が受講されるのが、各予備校の「答案練習会」

アウトプットの訓練としてはもってこいとなります。

しかし、大学受験の模擬試験と違って、答案練習会で気をつけないといけないことがあります。

今回は、「答案練習会」の受講の注意点について書いていきます。

資格試験 答案練習会を受講してもあくまで重要なのは過去問!

答案練習会の問題を作っているのは誰?

本番の試験は、各省庁の方が過去問を研究して問題を作っています。

一方、答案練習会の問題を作成しているのは、合格者やアルバイト。

アルバイトの中には、試験に合格していない方も含まれているとの噂も聞きました(本当かどうかは分かりませんが)

なので、問題のレベルも質もバラバラです。

正直、法務省の作成した問題のほうが、予備校の合格者バイトの作った問題よりは質がいいです。

正直、過去問から逸脱した問題も多く出てきます。

受講生の立場で同じような問題を次年度も作ると信用問題となるから、予備校は色々配慮しながら問題を作成しています。

そのことを意識して、答案練習会を受けないと無駄になることが多いです。

あとは、予備校の場合は、的中を狙うばかり、変な問題も出したりするところもあります。

答案練習会を受けるに際して注意することは?

個人的意見ですが、答案練習会の問題を間違えなくなるまで練習しても意味はありません。

それが過去問から逸脱していて、過去問を分析しても同じ問題はでないのであれば、その問題は捨てて構いません。

むしろ、余計な知識をそこから勉強するから基礎力がおろそかになってしまうのです。

あくまでも重要なのは過去問であることを十分意識してください、


復習する問題は正答率が高く過去問頻出の分野に絞る

最近の予備校は、受講生を増やしたい傾向からか情報を多く与える傾向にあります。

しかし、受験生は、情報多寡になり、基本がおろそかになることは避けないといけません。

ある意味情報を絞り、捨てる勇気を持つことが合格への近道です。

なので、答案練習会の復習は、間違えた問題で正答率が高く、しかも過去問でも頻出の分野に限るべきです。

むしろ、過去問をしっかり勉強したほうが合格への第一歩になります。

本試験で過去問で解けない問題が出ていても…

司法書士試験で、ある科目で過去問で解ける問題が少ないという講師の意見がありました。

しかし、過去問で解ける問題が少なくても、過去問から類推して、制度そのものから解ける問題も多くあるはずです。

過去問だけをやっては受からないという趣旨でしょうが、実際の本試験では過去問と同じ問題は殆ど出ませんし、過去問をどう活用・分析するかは受験生はしっかりやっているはずです。

実際は、ある程度は受験生は答えを何らかの思考回路で出すことも可能ですし、まさにそれが試験に重要な事務処理能力を問うているといえます。

知識を詰め込むのではなく、過去問をしっかり分析してどう使いこなすのか、知識が少なくても対応はできるはずです。

なので、1回でも試験に受かる人はいるのです。

まとめ

資格試験予備校は、とにかく知識を詰め込むような講座設計をしているところがあります。

しかし、受験生でいちばん重要なのは、過去問の分析。

答案練習会はあくまでもアウトプットの訓練の一環と割り切り、復習はサラッと終わらせて、過去問の勉強をしっかりするようにしてください。

今回は
『資格試験 答案練習会を受講してもあくまで重要なのは過去問!』
に関する内容でした。

YouTubeのチャンネルはこちら(チャンネル登録よろしくお願いします)

あわせて読みたい

資格試験に関するブログはこちらから

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告