2020年を振り返って…これからの時代は自分軸をしっかり構築しないと

2020年を振り返って…これからの時代は自分軸をしっかり構築しないと

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

2020年も残すところあと僅か。

ということで、今年1年を振り返っていきます。

2020年を振り返って…これからの時代は自分軸をしっかり構築しないと

今年は正直大変だった…

2020年を振り返ってみると、新型コロナウイルスの影響で、事務所での作業ができなかったことが大きかったです。

正直、事務所で作業できないと落ち着かないところもあります。

それが影響したかはわかりませんが、事件数も売上も減少傾向になりました。

そのため、持続化給付金をいただくことにしました。

なんとか2020年下期で上昇気流に乗っている気がしていますが、やっぱり今年1年を振り返ると個人的には厳しいと感じてしまいました。

厳しい中にも新たな発見も!

2020年、色々ありましたが、まず事務所に行けなくても自宅や外で仕事をできる環境があることを知ることができました。

いずれは、自宅やコワーキングスペースで仕事をやっていきたいと思っていた自分にとっては、新たな発見ができました。

自宅にも複合機を購入し、ハンディタイプのスキャナーも購入したので、ある程度は外でもカバーできる環境にはあります。

ただ、パソコンの容量がかなり減ってしまい、そこを解決しないと行けない状況に。

来年以降は新しいレッツノートでも購入したいところです。

「フリーランス士業」として、これからも事務所以外でも仕事できる環境を整えて行きたいです。

あと、こんな時代でも、売上を上げている方々もいました。

やはり、自分が売上が減ってしまったのは時代のせいにしたところもあるので、そこは反省しないといけません。

コロナであっても業績がアップしている人はアップしている。

そこはよく考えていかないといけませんね。

これからの時代の軸をしっかり構築する

昨今では「風の時代」となり、人の心がより重要になると言われています。

そうなると、自分のやっている業務について、自分軸をしっかり築き上げていかないといけません。

私の得意分野は、「創業」「中小零細企業支援」「相続」

わからない方々に寄り添いながら、問題を二人三脚で解決していく、そのような軸を築いていきたいです。

ますます人とのつながりが重要になってくると感じています。

まとめ

これからの士業は、ある程度自分軸を持って行かないと生きていけない時代にくるでしょう。

そのときに自分の得意分野である部分、司法書士と行政書士をかけ合わせてしっかりカバーできるようにしていきたい。

2020年が終わるに当たり、そのあたりを強く意識しました。

今回は
『2020年を振り返って…これからの時代は自分軸をしっかり構築しないと』
に関する内容でした。

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ