【会社設立アドバイザーの読書日記】『一生お金に困らない生き方』

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

写真 2015-05-12 7 21 36

今回は読書日記。

この本を読みたいと思ったとき、「お金」で色々悩みを抱えていた。
しかし、この本を読んだら、「お金」に対する考えが変わった。

そんなきっかけを与えてくれた本
それが今回紹介する『一生お金に困らない生き方』(心屋仁之助著)である。

 

一生お金に困らない生き方

心屋 仁之助 PHP研究所 2015-03-18
売り上げランキング : 143

by ヨメレバ


あなたの今までの「お金」に対する考えが変わるかも?

この本を読んで思ったこと。

それは、
「『お金』に対する意識をもっと自分に向けたものにしないといけない」

つまり、「お金」にもっと真剣に向き合う必要があるのと同時に、自分とももっと向き合う必要があることを感じた。

自分の存在価値そのものがお金にも直結していることをこの本を読んで感じた。

自分にもっとお金を使っていいんだ、逆にもっと使うことで自己成長していくんだ。

今までお金がないから我慢していたことが多かった。

しかし、逆の発想を持つことで、お金に苦労しなくて済む。

まさに衝撃的な内容。

ケチっていたらかえってお金を浪費してしまい、節約する意味はない。
むしろ、自分の存在価値を高める上で、お金を使うことが大事なんが。

お金の「出口」を強く意識することが大事

お金は使った分だけ跳ね返ってくる、使わなければ意味はない。

これは、自分から動かなければ何も始まらない、変化しないということと同じことを行っているのではないか・・

この本を読んでふと思ったことである。

改めて書くと、お金は自分の価値をも見出しているものではないかと。

お金に苦労したくなければ、自分の存在をもっと認めてあげる必要があるということをこの本ではしきりに書かれている。

このことからも衝撃的内容である。

あなたもこの本を読んだら、もしかしたら、お金に対する考え方が変わってしまうかもしれない。


お金を使わなければ何も始まらない

お金には「いいお金」・「悪いお金」という線引はできない。

この本を読んで強く感じた。

自分のためにもっとお金を使おう。
それは自分自身の存在が「ある」から。

お金が「ない」と思ったら、お金がない生活を余儀なくされる
お金が「ある」と思ったら、お金に不自由なく自分が楽しい生活を送ることが出来る。

私は、お金を使うことは、自己投資につながるのではないか。
その結果はどうであれありのままに受け入れる。

それを踏まえて、自分のためにもっと回してあげる。

つまり自分の心構え次第で「お金」は自由にもなるし、不自由にもなってしまう。

「お金」に対する意識の大切さをこの本で学んだ。

これは相当私もショックを受けた。

今まで、お金がないから節約ばかり考えていたのだが、そうではないのだ。
お金があることをを前提でもっと動かないと、逆に心が動かない

自分のためにも、しいて言えば他の人のためにもならないのではないか。

自分のお金を動かすということは大事なのではないかということを強く感じた。

お金の優劣なんてないんだ、お金を使えばリターンはあるんだ。

そこは強く感じた。


自分の「存在給」を意識する

あなたが全く働けず、社会の役にも立たず、何の成果も出していなくて、人に迷惑をかけている、寝ているだけの状態になったとき、あなたが月々もらえるお金はいくらですか?(45ページ)

ここの一節を読んだとき、あなたならどう答えるだろうか?

著者の心屋さんはこのことを「存在給」と定義している。

存在給の低い人は、自分の価値が低い、だから足りない部分を頑張って手に入れようとする。

頑張ってもらおうとするお金を「労働給」と書いてある。

ただ、労働給は自ずと限界がくる。

そうであるならば、存在給の考えをあらためたほうがいいと書いてある。

頑張ることことで「お金」が手に入るので、一生懸命働けばいいと思っていたのだが、そうではない。

お金のあり方の考えが根本的に覆すことにもなった。

「もっと自分の存在給を上げていこう!」

そう強く感じたし、考え方も変えていかないと、お金に苦労していまうと思った。

また、私が強く感じた部分を紹介する。

自分が働かなくても、
価値を提供しなくても、
何もしない自分でも。
いっぱいもらっていいんだ、という考え方に変えてほしいのです。
(49ページ)


まとめ

この本を読んで「お金」に対する考えがここまで変わるとは思わなかった。

どうやって儲けるのかはかいていない、「お金」に対する考え方を変えることがこの本で一番言いたかったこと。

さらには、もっと自分自身を信じて行動してみよう、そのためにお金を使っていこう。
それは後で跳ね返ってくる。

とにかく「お金」は使ってなんぼ。
その使い方しだいで、人生豊かになっていくのだということを感じた本であった。

なんだかジンときた本である。

最後に・・

あなたは自分自身の価値がどれだけありますか?
「存在給」はどれだけありますか?


最後までご覧頂きありがとうございます。
感想を聞かせていただけると嬉しいです!

 

一生お金に困らない生き方

心屋 仁之助 PHP研究所 2015-03-18
売り上げランキング : 143

by ヨメレバ

Comments

comments

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告