175°DENO担担麺TOKYO 暑い日に期間限定の汁なし担担麺を食べる!いい痺れ感が堪らない![グルメ日記]

175°DENO担担麺TOKYO 暑い日に期間限定の汁なし担担麺を食べる!いい痺れ感が堪らない!

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

新宿駅西口、小滝橋通り。

この通り沿いには美味しいラーメン店が軒を連ねています。

その中で担担麺好きな私がおすすめなのは「175°DENO担担麺TOKYO

担担麺好きにはぜひとも行ってほしい店です!

「175°DENO担担麺TOKYO」の場所は?

関連ランキング:担々麺 | 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

「175°DENO担担麺」 担担麺に対する思いが強い店

「175°DENO担担麺TOKYO」の特色は?

担担麺専門店であり、担担麺にはこだわりを強く感じました。

辛さ、痺れも自分好みに合わせることができるので、辛さ・痺れが苦手なあなたにもおすすめです。

本店は札幌にあり、東京には、新宿の他に、銀座、神田、本郷三丁目に店舗があります。

新宿の店内はカウンターとテーブル席があり、ひとりでも気軽に入ることができます。

冷やし汁なし担担麺 夏の暑い時期に痺れ加減が最高!

この店は2度めの訪問。

前回は「汁なし担担麺」を堪能。

痺れ・辛さもバランスいい印象がありました。

今回は、期間限定の冷やし汁なし担担麺に。

外は暑くて何か冷たいものが食べたくて、冷やしにしました。

券売機で購入したあと、エプロンと水をもって席へ。

待つこと数分で担担麺がきました。

涼し気なお皿に、野菜がてんこ盛りの担担麺。

早速よく混ぜていただきます。

うん、ゴマの濃厚な味と中太麺のコシが口いっぱいに広がります。

ワンタンの皮とナッツ、肉味噌と野菜の食感が楽しめます。

痺れは普通レベルにしました。

最初食べているときは、そこまで痺れを感じませんでした。

だんだん食べていくと、花山椒の痺れが徐々に口に広がってきました。

ただ、痺れ具合がなんだか爽やかな感じがしました。

最後は、薄っすらと汗をかきましたが旨味と痺れが相まって美味しい冷やし汁なし担担麺でした。

まとめ

冷やし汁なし担担麺は期間限定。

是非夏の暑い時期、食欲がないときに痺れのある担担麺を食べて、元気をだしていきましょう。

「175°DENO担担麺TOKYO」の担担麺、おすすめです!

なお、値段は税込1,000円です。

ごちそうさまでした!

今回は
『175°DENO担担麺TOKYO 暑い日に期間限定の汁なし担担麺を食べる!いい痺れ感が堪らない![グルメ日記]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近のグルメ日記ブログはこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ