【あなたにとっての「3.11」】自分にこれからできることとは?

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前の
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

あの日から4年・・・
本当に月日が流れるのが早いですね。

もう一度、自分に何が出来るのか考えたいと思います。

あなたにとっての「3.11」は?

eha0037-003
あの地震がきっかけで・・・

あなたは、「3.11」の前と後とで大きく心境の変化は変わりましたか?

私はあの日きっかけに何が心境の変化があった気がしています。

「何か」というのは言葉に出しづらいのですが、
心境の変化は明らかに違っています。

震災後、さいたまスーパーアリーナにいって相談活動をしたり、
実際にあの日から数カ月後、実際に現地に行ってお話を聞いたりして、
テレビで見るよりもはるかに凄位というのが今でも鮮明です。

あれから4年

原点に帰って、私も本当にこれから何ができるのか
もう一度見つめなおす必要があるような気がします。

<参考動画>


復興は進んでいるが・・・

被災地では目に見えた復興は進んでいます。
しかし、未だ立ち直れない人もいるのも事実です。

特に福島の原発事故は未曾有の事故で、
一瞬であらゆるものを失った方も多いです。

あの日が経過していくと、どんどん忘れてしまう・・・
そうなると風化してしまう危険があるのです。

まだまだ、現地では様々な悩みや不安を抱えた人が多いと聞きます。

司法書士会でも現地で巡回相談をし、ニーズを聞き出しているようです。

まだまだ、先が見えない問題。
なので時間が経つからと言って風化させてはいけないのです。


現地にいってみる

最近なかなか被災地にいけていません。

今年こそ時間をみつけて現地へいってみたいです。

現地をみて、肌で感じるのも非常に大事なことではないでしょうか。

現地の人の話を聞くのも、いい勉強になります。

現地で消費するだけでも貢献できます。

自分でできることは何か、ほんの少しでも支えになれば・・・
「3.11」、改めて感じました。

<参考書籍>

希望の地図 3・11から始まる物語 (幻冬舎文庫)

重松 清 幻冬舎 2015-02-10
売り上げランキング : 7093

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ