【会社設立後の問題?3分以内で読める!】銀行口座作るのが大変?

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ヶ谷淳一です。

会社を作った後、税務署や社会保険庁など色々なところに法人設立のための手続きをします。
さらには、法人名義の銀行口座を作るのもひとつの作業としてあります。

a1180_003716
銀行口座が作りにくくなった・・・

最近振り込め詐欺で銀行口座を指定してくるため、口座開設まで時間がかかるケースが多いようです。

特に大手都市銀行だと、多くの書類を準備しなければならないということも。

そこで、会社設立前段階から、口座作る銀行を予め決めておくのもひとつかも知れません。

手続きを滞り無く終わらせるために、何が必要か、窓口で相談するのもひとつの手です。

書類不備のため何度も足を運ぶのは本当に面倒ですよね。
 

都市銀行より信用金庫?

特に地域密着で事業を行う場合、都市銀行よりも信用金庫のほうがいいかもしれません。

支店長とかと仲良くなりやすいですし、色々と資金繰りについて相談に乗ってくれます。

信用金庫は地域の中小企業の味方だと思ってください。

口座開設も信用金庫のほうが都市銀行と比べると作りやすいと言われています。

なので、スモールビジネスで展開していく場合は、信用金庫の口座開設も選択肢の一つとして入れてもいいでしょう。

a0001_013325
口座開設で時間をかけないためにも

事業を行う場所をどこにするのかを決める際に、取引銀行をどこにするか設立前段階で決めておくことも大事でしょう。

最近振り込め詐欺等の影響で銀行口座が作りにくくなっている現状を、起業家の方は認識した方がいいでしょう。

私も、任意団体ではありますが、某都市銀行に口座を作りに行った時、色々書類を提示され、時間がかかった経験があります。

会社設立登記をすれば、その日から実際に法人として営業はできます(登記が完了するまでには多少時間がかかりますが)。

相手方からの売上を振り込む口座がないと何かと不便ですよね。

ネット銀行もいいでしょうが、相手方との信用問題も絡んでくるので、ここは慎重に考えましょう。

 

今回もご覧いただきありがとうございました。
よろしければ感想いただけると幸いです。

オールカラー 一番わかる会社設立と運営のしかた

中野裕哲 西東社 2014-06-09
売り上げランキング : 21157

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ