【会社設立】会社設立誰に頼む?愛着もって作ることが大事

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

会社設立についてはホームページ等で値下げ合戦が繰り広げられています。
果たしてそれでいいのか、そして愛着をもって会社設立をしてほしい・・・
今回はこのテーマについて書きます。

bil0126-003
税理士の会社設立パック0円は・・・

よくホームページで見かけるのは、会社設立0円と掲げている税理士事務所。
実質かかるのは手数料のみと書いてある事務所です。

このパターンは、大事な手続きである「会社設立」をサービスとしか捉えていません。
会社設立は大事な行為なので、ただ作ればいいということではありません。

では、どうやって収益を出しているのか?
実は「顧問料」でペイしています。

つまり、顧問料収入から会社設立報酬を回収しようとするパターンが多いです。

さらに、このサービスを受けるにはオプションがかかるとかで、結局は割高になってしまうケースも多いようです。

bus0011-001
自分の会社なのだから、愛着をもって設立を!

会社を作るということは、愛着もってやらないといけません。

だって、これから自分の看板をしょってたつものですから、いい加減な気持ちで会社を作ってはいけません。

会社設立後5年経過して、半分以上がなくなってしまうのも、会社設立段階の時に周到な準備をしていなかったからだと思います。

ホームページなどに雛形ものっており、参考にしてもいいです。

ただ、自分である程度理解して行う必要があります。
なぜ、この書類が必要なのか?とか。

特に定款の規定は、今後の会社経営を左右するものですから、内容を確認する必要があります。
実際経営して、定款違反だと言われたら元も子もありません。

雛形は所詮雛形。

これから起業するあなたは会社設立登記手続きについて十分理解する必要があるでしょう。

 

最新 起業から1年目までの会社設立の手続きと法律・税金

須田 邦裕,出澤 秀二 日本実業出版社 2012-10-19
売り上げランキング : 117471

by ヨメレバ

Comments

comments

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告