小田急線世田谷代田駅に行ってきた!複々線が完成すると降りれなくなるホーム

東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

2018年3月17日に小田急線はダイヤ改正を
実施します。


一番の目玉は代々木上原から梅ヶ丘まで
複々線が完成し、所要時間が大幅に短縮
され、列車も大増発されること。


一方で複々線が完成すると、仮設ホームに
降りれなくなる駅もあります。


小田急線世田谷代田駅に行ってきた!複々線が完成すると降りれなくなるホーム


初めて降りる駅 世田谷代田駅

世田谷代田駅、下北沢駅と梅ヶ丘駅の
間にある各駅停車しか止まらない駅。


ホームも暗く中途半端な感じのホーム。
実は、現在通っている線路は、ダイヤ改正
のときは、特急や快速急行・急行が
使う線路になります。
なので、複々線が完成するとこのホーム
から電車に乗ることができなくなります。


そこで、複々線完成前に世田谷代田駅に
行くことにしました。
実はこの駅で降りるのは初めてです。


早速各駅停車に乗って、世田谷代田駅に
到着。
仮設ホームっぽい雰囲気がしました。
 


ホーム自体はほぼ完成!

仮設ホームから出口まで行く途中に
各駅停車が止まるホームを通ります。
線路は引かれ、ほぼ完成に近い状態まで
きています。


梅ヶ丘寄りのトンネル入口部分も見ること
ができます。


折角なので世田谷代田駅の周辺をぶらり

世田谷代田駅駅前はこれから整備されそう
な雰囲気。


環状七号線を超え、梅ヶ丘方面に向かうと
ちょうど線路が地上に出る部分を見ること
ができます。


おまけ 7000形ロマンスカーを撮影

新宿駅に着いてロマンスカーホームに
行ったら7000形LSEがちょうど止まって
いました。


2018年3月にロマンスカーの新型車両が
出るので、LSEはどうなってしまうのか
注目しています。


まとめ

2018年3月、小田急線はかなり変貌を
遂げるでしょう。


そのときにはまた、取材に行って来ようと
思います。
新型ロマンスカーもみたいですし・・・


今回は
『小田急線世田谷代田駅に行ってきた!
複々線が完成すると降りれなくなるホーム』

に関する内容でした。

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を経営
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道・ランニングです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします