キッチン南海が現在の場所で閉店?神保町に昔からあるボリューム感たっぷりの洋食屋[神保町グルメ日記]

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

1,000円以下で味わえるコスパのいいランチを紹介するブログ。
今回は頻繁に訪れる神保町から。

キッチン南海
いわずとしれず神保町界隈では有名店。
昼時には多くの方が並びます。

私も結構な頻度通っていますが、今回ブログで書くのは初めてです!

なんとキッチン南海が閉店…(2020年6月5日訪問)

キッチン南海が閉店ということを知って…

キッチン南海は神保町ランチの私のオススメ店の一つ。

なので、本当に数え切れないくらい、お世話になりました。

ある方の投稿でキッチン南海が閉店してしまうということを聞いて、所用で神保町行ったついでに「キッチン南海」へ行ってきました。

▲キッチン南海の外観

キッチン南海で初めてたべる「ひらめフライ生姜焼き定食」を!

キッチン南海といえば「カツカレー」を注文している方が多いです。

個人的には「チキンかつ生姜焼き定食」をよく頼んでいます。

今回は、昼間に売り切れてしまうことの多い「ひらめフライ生姜焼き定食」を注文することに。

▲ひらめフライ生姜焼き定食(850円)

待つこと数分でお目当てのメニューがきました。

早速いただきます!

うん、淡白なひらめフライにタルタルソースがよく合う。

脂っぽくなく、あっさりしてサクサクいただけます。

これは美味しい!

豚の生姜焼きや付け合せもボリューム満点!

本当にお腹いっぱいになります。

▲ボリューム満点の一皿!

神保町のキッチン南海はどうなるのか?

昭和41年創業のキッチン南海。

建物老朽化に伴う店舗契約期間満了のため、閉店してしまいます。

閉店時期は2020年6月26日金曜日。

50年以上に渡り愛されていた「キッチン南海」

現在は、高田馬場など暖簾分けした店もありますが、総本山がなくなってしまうのは残念です。

と思ったら、7月を目処に神保町花月向かいに独立・暖簾分けした「キッチン南海」ができるとのこと。

現在の店がなくなっても、同じ味が神保町で味わえるのは、ホッとひと安心です!

おそらく、現在の店がなくなるので、懐かしいと思う方が多く訪れ、しばらくは行列が絶えない状態になるでしょう。

▲閉店の案内と7月暖簾分けのことの案内

キッチン南海で初めてのメニューに挑戦(2020年5月9日訪問)

所用で神保町へ ランチのとれるお店へ

どうしても出かけないと行けない用事があり、ついでにランチ。

神保町もこのご時世で空いている店は少なめ。

店を探していたところ、ちょうど「キッチン南海」が空いていた!

やはりランチ時なので、多少の行列はありましたが、並んで食べることに。

ここは、並んでいるときにメニューを聞いてくるので、座ったら比較的早くメニューが出てくるのでいいです。

初めてのメニューに挑戦!「ロースカツライス定食」

いつもキッチン南海に来ると、「チキンカツ生姜焼き」定食を頼む私。

今回は初めて頼む「ロースカツライス」定食に。

ロースカツライスですが、ロースカツとライスは別に出てくる、トンカツ定食みたいなもの。

着席して数分でメニューがきました。

黄金色に輝くトンカツ、美味しそう!

早速いただきます!

うん、肉厚でサクサクっと揚がっていて食べごたえあります。

揚げ具合もバッチリで美味しい!

結構なボリュームで大満足の一品。

これで800円はかなりのお値打ちです。

たまには同じ店でも違うものをいただくのもありですね!

久しぶりにキッチン南海にいってきた!(2020年2月29日訪問)

ランチ時には行列ができる店

神保町でボリュームがあり、ガッツリ食べることができる店「キッチン南海」

ランチ時には、行列ができるお店。

ただ、この日行ったときは、このご時世ということもあり、ランチ時も行列が少なめでした。

私の好きないつものメニューを注文

いつも行列に並んでいるときにメニューを聞かれることが多いです。

今回は「チキンカツ・生姜焼き定食」に。

私が一番好きな組み合わせです。

一番人気はカツカレーで多くの方が注文しています。

でも、なんだか、チキンカツと生姜焼きの組み合わせが好きなんです!

待つこと数分、カウンターに着席。

店内は狭く、カウンターと4人がけテーブルが数席ある程度。

当然、ランチのときは相席になります。

待ちに待った「チキンカツ・生姜焼き定食」が!

チキンカツは揚げたてサクサクでしかもジャンボ。

食べごたえがある一品。

そして、生姜焼きはご飯に合う味付けでこれまたガッツリいただけます。

個人的には、キッチン南海では「チキンカツ生姜焼き定食」をオススメします!

今回も美味しくいただけました!

ごちそうさまでした!

キッチン南海 神保町に昔からあるボリューム感たっぷりの洋食屋

「キッチン南海」で有名なのは・・・

キッチン南海で有名なのは
「カツカレー」
あの黒いカレー、かなりスパイシー。

それを揚げたてのカツと合わせるとカツとカレーが一体化して美味しい。
キャベツの千切りともマッチングして一つのお皿で食べられしかもボリュームがすごいです。

多くの方が注文していて、この店のナンバーワンと言えるでしょう。
実際に多くの方が「カツカレー」を注文しています。

私が「キッチン南海」で好きなのは・・・

「カツカレー」
たしかに美味しいのですが、実は私がオススメなのは・・・

「チキンカツ生姜焼き定食」

店内では「盛り合わせ」と言われていますが・・・

チキンカツのボリュームがとにかく半端ない!
ソースをかけようとすると、お皿からこぼれてしまうくらいの大きさ。

サクッとしながら、意外とアッサリいただけるチキンカツが大好きです。

生姜焼き
これがご飯とよく合うんです。
しょっぱめの味付けと思いきや玉ねぎの甘味もうまく引き出していて何とも言えない旨さ!

さらに、キャベツとスパゲティがついていて、本当にボリュームがすごい。

カツカレーも美味しいのですが、私は「チキンカツ生姜焼き」のほうが好きです。

まとめ

「キッチン南海」は他にも高田馬場や早稲田、池袋など、様々な場所にあります。

ただ、ここから暖簾分けしてやっているので、神保町が本家と言えます。

神保町の「キッチン南海」はいつも混んでいますが、回転がはやいので、並んでいてもすぐに店内に入れます。

ぜひ、キッチン南海に行くときはお腹を空かせてぜひ行ってみてください!

今回は
『キッチン南海 神保町に昔からあるボリューム感たっぷりの洋食屋』
に関する内容でした。

「キッチン南海」の詳細はこちら

関連ランキング:洋食 | 神保町駅竹橋駅新御茶ノ水駅

 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ