東陽町や木場に職場がある人は中央・総武線の西側に自宅を持つべき 乗り入れ路線を活用!

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

人生で大きな買い物の一つにマイホーム、持ち家をもつことがあります。

一戸建てにするか、マンションにするか悩む方も多いでしょう。

私は時間の効率化を図るのであれば、乗り換えが少なく、しかも楽して通勤できる場所にマイホームを買うべきだと思います。

タイトルはあくまでも一例ですが、他にも乗り入れ路線を活用してとにかく乗り換え回数を少なくする工夫は必要です。
乗り入れ路線を活用することで「時間の効率化」が図れます。

東陽町や木場に職場がある人は中央・総武線の西側に自宅を持つべき

なぜ人気のある町に不動産を購入しようとするのか?

最近話題になっている街に「武蔵小杉」があります。

渋谷・新宿・池袋の都心部を始め、川崎・横浜にも一本でいけるのでものすごく便利です。

便利ということは裏を返すと、朝の通勤時間が地獄だということ。

電車が遅れるようなものならイライラが募り、仕事を始める際に効率が下がる、 悪循環に陥る可能性があります。
「仕事の効率化」の観点からしてもどうなのかと思うのです。

まぁ、横浜とか立川とか都心の反対側に職場があるのであれば、逆方向だと空いているので狙い目かもしれませんが。
(川崎方向だと逆に混むか・・・)

相互乗り入れしている路線をうまく活用すべき

東京メトロ東西線は、中野で中央・総武各駅停車と接続し、三鷹まで直通運転しています。

三鷹だと始発駅なので、東西線直通電車を利用すれば、座って通勤が可能。

タイトルにも書きましたが、木場や東陽町は、最近会社のオフィスが増加している地域。

西船橋方面だと、朝の通勤時間が早ければかなり余裕があります。

逆に西船橋方面からだと、門前仲町まで激混みなので、そちらからの方向は避けるべきでしょう。

自分の職場と路線をもう一度確認し、その上でマイホームを購入すべきではないかと思うのです。

あとは自分の仕事の場所がどう変わるか転勤だってあることが予想されるのでそこを見越して買うことをオススメします。

まとめ

マイホーム、どこに買うかは本当に大事!
自分の通勤のし易いところや環境のよいところを選ぶべきでしょう。

あと、これからの時代、通勤時間帯の混雑緩和を積極的に行う路線に注目が集まると予想されます。

朝の通勤時間帯に座席指定制の電車を走らせたり、路線価値を高める鉄道に人気が出るでしょう。
それを見越してマイホームを買うべきだと思います。

今回は
『東陽町や木場に職場がある人は中央・総武線の西側に自宅を持つべき 乗り入れ路線を活用!』
に関する内容でした。

あわせて読んでほしいブログ

木場 東陽町 東京メトロ東西線の本店狙い目地域! 

らぁ麺やまぐち辣式 ビジネス街化する東陽町で麻婆まぜそばに舌鼓 

参考書籍

沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿 (SB新書)

首都圏鉄道路線研究会 SBクリエイティブ 2016-08-06
売り上げランキング : 16395

by ヨメレバ