登記費用を安くできない理由~登録免許税・手数料 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


「もうちょっと費用を安くしてくれない
でしょうか?」


依頼者からいわれることがあります。


ただ、どうしても安くならないものが
あります。


それが法務局に支払う登録免許税や
役所に支払う手数料
です。


登記費用を安くできない理由~登録免許税・手数料


申請には手数料がかかるものが多い


司法書士業務でも行政書士業務でも
役所に手数料を払わないと申請できない
ものがあります。


それが登録免許税と手数料です。


登記では、不動産の名義を変えるものや
担保権を抹消する登記、許認可だと
建設業の新規の許可申請などが
あります。


登記の登録免許税については、
以前のブログでも書いていますので
ご確認ください。


登録免許税と手数料は、いくら負けて
ほしいといわれても負けることが
できません


資格者に任せるのだからある程度の費用は払う必要がある


司法書士・行政書士
他にも「士業」と言われる方は、
国家資格試験に合格して仕事をしています。


つまり、あなたに代わって手続きを
してくれるのが士業の仕事
です。


となると、色々な聞き取りとか
申請に必要な書類を集めたりするなど
時間がかかります。


なので、報酬もそれなりにかかることは
意識する必要
があるでしょう。

 

あまりにも安いところも考えもの


今、司法書士や行政書士の報酬が
自由化され、だんだん値崩れが
おきています。


ただ、あなたが司法書士や行政書士を
選ぶ上で、値段で選んでいることも
あるでしょう。


それも大事ですが、もう一つ大事なのは
極端に安い値段で提示している場合。


安いのはある意味ありがたい部分も
ありますが、逆に心配になったりしたら
ちょっと考えたほうがいいでしょう。


適正な価格をしているところを
選んだほうがいいでしょう。

まとめ


見積もりを依頼し取得したら、
実費の部分を確認するようにしてください。


登録免許税や手数料はそれ以上減額
できない、自分がやってもそれだけは
かかってしまうことを認識しましょう。


あとはあなたに代わって手続きをすべて
やってくれるので、その費用をどうみるか
判断するといいでしょう。


今回の内容は、ちょっと上から目線で
すいません・・・


今回は
『登記費用を安くできない理由~
登録免許税・手数料』

に関する内容でした。
 

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ