『頑張らなくとも一日3200万円売れました。』営業でも人生でも2つの「ココロ」を豊かにすることの大切さ 【司法書士の読書日記2016年36冊目】

東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


2016年36冊目、今回紹介する本は、
『頑張らなくとも一日3200万円売れました。』
(坂本玖美子著 秀和システム)

頑張らなくとも一日3200万円売れました。

坂本 玖実子 秀和システム 2016-10-28
売り上げランキング : 30138

by ヨメレバ


はじめに


営業に関する本は私も数冊読んでいる。


営業で売上を上げるコツについては
「相手のこと・立場を理解する」ことが
重要
だと私は思う。


今回紹介する本は、未経験で営業の世界に
飛び込み、たちまち高級家具販売で
No.1になれた著者が、自分の体験を元に
営業の極意について触れた本である。


この本を読んで、営業は改めて
自分でゴリ押しで売りつけてはだめ、
自分本位での売り方では成果が出にくい

ことが分かった。

本の構成


この本の構成は以下の通り

プロローグ
強く願えば、必ずかなう!

第1章
食べるために始めた飛び込み営業で得た
ヒント

第2章
パートのおばさん、頑張らないで奇跡を
起こす

第3章
パートのおばさん、気づいたら管理職に
なる

第4章
気の小さいセールスパーソンのための
「こころの営業」とは

第5章
どうしても売れないときの「こころの
リカバリー術」

第6章
一流の人に学んだ「やさしさ」という
セールスマインド


この本を読めば営業で大事なエッセンスを
会得することが可能
だろう。


私はこの本のキーワードは「ココロ」であると
思った。


そこで2つの「ココロ」をキーワードに
この本の書評をしていきたい。


一つ目の「ココロ」 相手の「ココロ」をどのくらい喜ばせられるか?


一つ目のココロは相手の「ココロ」を
いかに読むかが大事
であること。


営業は相手があってはじめて成り立つもの。


そこをまず意識しないと、営業はうまく
いかないと感じた。


著者も第1章で化粧品の飛び込み営業で
苦労していることが書かれている。


「相手がどう思うのか」
他人の思いに気づいてから、売上も
上がっていき、営業のコツを掴むことが
できた。


その経験を元に家具販売店でも活躍。


もしかしたら、この本を読んだ方は
「もともと営業の素質があったから著者に
はできたのではないか」
と反論するかもしれない。


しかし、実際に気づいて行動したからこそ
このような結果が得られたのだと思う。


著者の苦労をこの本では垣間見ることが
できた。


「他人はどう考えているのだろう」
「どのようにすれば、相手は気づいて
くれるのだろう」


相手がどうなったらその人が喜んでくれる
のかを常に考えているのであれば、
相手のこころを常に意識することが
実は営業をする上で大事だということが
この本を読んで分かった。


何歳からでもチャレンジできる!諦めないココロも大事


2番めの「ココロ」は自分の「ココロ」


何歳でもチャレンジできる「ココロ」は
誰にでもある。


後は行動してみて反省しながらやってみる。
立ち止まる勇気も必要。


だめであれば試練を与えられるとして、
決して諦めない。


筆者も全く未経験のところからはじめて
自分の「ココロ」を鍛えながら成長し、
トップに登りつめた。


いつ何時の苦労があっても、自分が思った
ことを叶いたいと強く思うのであれば
絶対に叶うものだと読んで感じた。


あと、この本でも書いていたが
「素直になる」
ことも重要。


自分もここの部分は反省しないと
いけないと感じた。

まとめ


私が響いた部分・・・

「こころの営業」それは“お客様の役に
立つこと”で、他ならぬみなさんご自身が、
心からの幸福感が持てる仕事でなければ
ならない。(45頁)


「こころの営業」をこの本では何度も
キーワードとしてでてくる。


難しいことではないが、どうしても
自分のことばかり考えてしまうと
「こころの営業」はできない。


他人の喜ぶ姿をどうイメージするか、
他人の「ココロ」をどう読むかが大事で
あるとわかった。


さらにはチャレンジ心、自分の「ココロ」
をいかに奮い立たせるのか
もこの本から
学ぶことができた。


営業を志しているすべての方、
売上に負われてしまっている経営者の方に
ぜひ読んでいただきたい本である。

頑張らなくとも一日3200万円売れました。

坂本 玖実子 秀和システム 2016-10-28
売り上げランキング : 30138

by ヨメレバ

ブログに載せられなり実務の情報も満載!
日々の思っていることを書いている
「司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!」
メルマガ登録はこちらから!
   

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ