「自分は幸せだ!」人生を楽しく生きるコツは? | 江戸川区葛西司法書士行政書士きりがや読書日記

写真 2014-09-26 7 29 40★脳の働きは自分でコントロールできる?

今回紹介する本は 「幸福優位7つの法則」 (徳間書店)

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論
ショーン・エイカー 徳間書店 2011-08-27 売り上げランキング : 10827

by ヨメレバ

この本は、久々に私の脳裏に焼きついた本だ。

幸せになりたいのなら、とにかく自分の行動を楽しむか、
ワクワクしながら過ごすのかが大事だということを
教えてくれた本だから。

今年は「楽しむ」をテーマに生きていこうと思っている
私にとってまさにぴったりの本である。

脳の働きをコントロールできるのであれば、
これを生かすことが必要である。

しかも、人生をよりよい方向に持っていくためには ぜひとも学ぶべきではないだろうか。

<スポンサードリンク> 今なら「週刊東洋経済」予約購読が最大43%もお得! 日本の置かれている状況を詳しく解説。 9月30日まで!残り4日しかありません! お申し込みは今すぐ!

★小さいことでもまずは習慣化

あなたは今年の目標を立てているか?

その目標の達成度はどれくらいか?
これを書いているのは9月末。

今年達成できたもの、まだまだ未達成なのも
かなりある。

でも、いきなり大きい目標を立てても
挫折してしまった経験はないだろうか。

私もその一人である。

実はこの本で解決方法が示されている。

小さいところからコツコツやっていく
それが大事なのだと。

毎日の少しの努力で達成できる可能性が
高まるとのこと。

脳にとって喜ぶことをすると
自然と自分の動きになってあらわれ
よい結果を導くことができるのであろう。

ここの部分は腑に落ちるところであった。

「小さな成功が積み重なれば、大きな成功につながる。 それにはまず、砂の上に最初の円を描くことからはじめなければならない」 (205ページより)

まずは自分の出来るところからやっていくことが
重要であろう。

そのためにも行動に移すことが大事だ。  

★幸せは最初からついてくる

この本で強調されている言葉 「幸福優位性」
成功の後に幸せが来ると思っている方が多いであろうが
そうではないことをまず著者は主張している。

幸せが何よりも優先する。

人は楽しみながら幸せになれる人間である。

それは自分の気持ちの持ちようで変わってくる。

そのように脳の働きをコントロールさせる。

自分を意識化する。
この本が言いたかったことではないだろうか。

苦労するために生きているのではない。
幸せになること・楽しむことが自分の人生を
豊かにする。

そのために何が必要なのか
「7つの法則」に凝縮されているように感じた。

その中には先ほど書いたが、すぐに実践できることも
紹介されている。

この本は、自分の中で久々に衝撃が走った内容だった。 

ぜひ手にとって読んでいただきたい。

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論
ショーン・エイカー 徳間書店 2011-08-27 売り上げランキング : 10827

by ヨメレバ

今なら「週刊東洋経済」予約購読が最大43%もお得! 日本の置かれている状況を詳しく解説。 9月30日まで!残り4日しかありません! お申し込みは今すぐ!

Comments

comments

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告