司法書士の不動産登記業務とは? | 司法書士行政書士きりがや日記

bus0027-001★司法書士業務の花形業務「不動産登記」

不動産登記というとあなたは、
どのようなイメージをお持ちですか?

不動産というと「高い」「自分のもの」
とかそのようなイメージを持つかと思います。

不動産を購入したのはいいけれど、
どのように自分のものになったかは
分からない。

あと
「名義を変える」
と聞くけどイメージが湧かない。

あなたも思うかもしれません。

その「名義を変える」
というのが司法書士の仕事です。

詳しくは、動画で紹介させていただきました。
ぜひ「不動産登記とは何か?」
というのを聞いてイメージしてみてください。

 

★司法書士業務は多岐にわたります

以前、動画で司法書士業務について紹介しました。

司法書士業務も色々広がりを見せています。

私がこの業界に入って10年以上経ちますが、
かなり違って来ました。

簡易裁判所で、弁護士と同じように
民事事件で、依頼者に代わって法廷に
立つことができるようになりました。

成年後見で、司法書士が活躍するという
ケースも増えております。

このように司法書士も業務は多岐に
わたってきています。

しかし、それでも一番の花形は
「登記業務」であることには変わりありません。

相続や売買の際に名義を変える「不動産登記」
会社設立や役員変更等会社のことをやる
「商業登記」

「登記」というのは、身近になじまないけれで
必要な時が人生で幾度かあります。

その時に「司法書士」がやるんだという風に
あなたが思っていただけると
うれしいです。

ぜひ、司法書士という職業を
知ってください。

※司法書士業務関連本を紹介します。

※YouTube参考書籍

 

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ