自分で何か事業をしたい!事業を始めるにあたり注意することは? 

自分で何か事業をしたい!事業を始めるにあたり注意することは?


昨今、副業で事業を始めたり、ひとり
会社をつくったりする動きがあります。


起業するのは昔と比べて抵抗なくできる
ようになりましたが、何か注意すること
はあるでしょうか?


副業の場合は就業規則に注意


昨今の企業では、副業することについて
認めているところもあります。


ただ、一切認めていない会社も。


自分の勤務している会社ではどうなのか
必ず確認してください。


その時に肝になるのは自分の勤めている
会社の就業規則


副業について、バレてしまい懲戒解雇と
なったらどうしようもありません。

 

個人で起業する場合に何かする必要はあるのか?


個人事業を始めるにあたり、何か届け出
をする必要はあるのでしょうか?


法人を設立するのであれば、法務局に
会社設立の登記をする必要があります。


個人の場合、商売で儲ける以上、
やはり、届け出をした方がいいです。


ほとんどの個人事業主の場合、
開業届と青色申告書を同時に税務署に
提出します。


青色申告書を提出するのは、
65万円の特別控除が受けられるからです。


青色申告をした場合、
複式簿記でやらないといけない
デメリットが生じます。


ただ、ビジネスをする以上、複式簿記を
学ぶことは損ではありません。

 

法人にするか個人事業主にするか


個人事業主で事業をするのか
法人にするべきなのか・・・
 

そこは一番の悩みどころです。


ある程度の売上がはじめから見込める場合や、
取引先が大手企業の場合であれば、
はじめから法人化するのも一つです。


ただ、税金対策で売上も立っていないの
に法人化することは避けたほうがいいで
しょう。


そこはまた別の機会に書きます。

home-office-336378_1920

まとめ


今回は、

  • 副業で注意しなければいけないこと
  • 個人事業のはじめ方

をざっくり書いてみました。


事業を始めるにはそれなりの覚悟は
必要です。


かといって、気軽にお小遣い稼ぎ程度
から始められるのも個人事業のいい
ところ。


もし、この商売やったらどうなるの
だろう?


と思ったら、ちょっと始めてみては
いかがでしょうか。

 

参考図書

これだけは知っておきたい「副業」の基本と常識

大山滋郎 フォレスト出版 2014-08-20
売り上げランキング : 18216

by ヨメレバ
オールカラー 個人事業の始め方

中野 裕哲 西東社 2013-11-29
売り上げランキング : 2978

by ヨメレバ


お知らせです!


メルマガ始めました。


極力ブログと同じ内容を書かないように
努めています。


つまり、ブログでは書けないことを
メルマガで書いています。


下の登録フォームから是非登録をお願いします。
 

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!メルマガ登録

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ