会社代表印、いつまでに用意すればいいのか?【会社設立アドバイザーのワンポイント】

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a0001_013325

会社の代表印いつまでに用意すればいいの?

「会社代表印、いつまでに用意すればいいですか?」

これも起業家の方から聞かれる質問の一つです。

結論は

登記申請の時までには用意したほうがいいです.

なぜかをこれから書いていきます。


会社設立登記の際に会社代表印が必要

会社設立登記の際、申請書もしくは司法書士に登記を委任する際の委任状に会社の代表印を押す必要があります。

となると、会社の設立登記の日が決まっているのであれば、せめて前日までには用意しておかないといけません。

あと、資本金が払い込まれた通帳の写しに
会社代表者が間違いない旨の証明書を添付しますが、これにも会社代表印が使われます。

法務局は、どうやってこれが会社の印鑑だと分かるのでしょうか?

それは、設立登記の時に印鑑届書というのを出します。

そこに会社の登録印を押印する必要があり、これで会社代表印だと判断します。


印鑑作成までの期間も考慮に入れる

会社の印鑑

インターネットで作れるものから、印鑑屋でしっかりとしたものを作るまで、経営者の思いは様々でしょう。

いずれにしても印鑑完成までは1週間かかりますので、そのあたりもきちんと考えておきましょう。

会社の印鑑は、会社の顔であると同時に取引をする上で大事なもの。
会社の顔にあったしっかりとした印鑑をつくりましょう。

そうなると注文から完成まではかなり時間が可能性があります。


印鑑作成依頼前にやっておくこと

印鑑作成にあたり、確認していただきたいのが商号

自分の会社の商号が管轄法務局内にあるかどうか、インターネットで検索した場合、同じような商号がないかはチェック。

同じ商号に気づかずに印鑑作ってしまうと費用の無駄になります。

さらに、後々自分よりも前に使っていた会社の代表者からこの商号使うなと言われてしまい、トラブルのもとになってしまうからです。

なので、繰り返しになりますが、自分の使いたい商号が他の会社で使われていないか、よく確認しておきましょう。


まとめ

会社の実印は大事なもの。

なので、しっかりしたものを作りたければ、どのくらいの作成時間がかかるのか、きちんと確認しましょう。

後は、似たような商号があるのが分かったら、その商号を避けるなどのことも必要です。

どういう印鑑が自分の会社にとっていいのか、じっくり考えてから印鑑の作成をしましょう。

今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせて頂けると嬉しいです!

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ