【合同会社設立の相談が増えています!】会社設立アドバイザーの業務日誌

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

bus0011-001

合同会社設立の相談が増えています。

つい先月も1社、合同会社の設立登記をしました。

だいぶ認知されてきている気がします。

そこで、もう一度、合同会社のメリットは何かを3分で読める程度にまとめてみます。


私が思う「合同会社」のメリット

本を見ると、合同会社のメリット・デメリット様々なことが書いてあります。

私が思う合同会社のメリット、それは・・

設立時のコストがかからない

そこが一番大きいところではないでしょうか?

つまり、創業時のコストをかけずに、手軽に起業できる、そこが大きいと思います。


合同会社設立、なぜコストがかからないのか?

株式会社の設立の場合と比較しながら書いていきます。

  • 株式会社の場合、公証人の定款認証が必要だか、合同会社の場合は不要
  • 法務局に登記申請する際の登録免許税が株式会社の場合、15万円かかるが、合同会社の場合は6万円


株式会社の場合、公証役場に行って、定款認証をしなければなりません。

その認証の際にかかる費用ですが、おおむね5万円と謄本の費用分がかかります。

合同会社の場合、その費用がかからないのが大きいです。

さらに電子署名をすれば、定款に貼る収入印紙4万円も節約できます。

これは大きいですね。


まとめ

会社設立時に、費用はなるべくであれば節約したいもの。

特に起業するにあたりこだわりが無ければ、合同会社も視野にいれるといいでしょう。

合同会社はスモールビジネスをするときにも最適!

株式会社にするか合同会社にするか迷っている方は、ぜひ、司法書士に相談するといいでしょう。


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

 

5つの定款モデルで自由自在 「合同会社」設立・運営のすべて

神﨑 満治郎 中央経済社 2014-08-26
売り上げランキング : 18069

by ヨメレバ

 

合同会社の法制度と税制

葭田 英人 税務経理協会 2013-12-27
売り上げランキング : 369169

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ