ブログをなかなか更新できないあなたへ ブログを書く時間を決めてみては?

ブログをなかなか更新できないあなたへ ブログを書く時間を決めてみては?

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

なかなかブログを書くことができない…
というあなたへ。

ほぼ毎日ブログを書いている私がどうすれば習慣化できるのかを含めて紹介します。

以前も書いた気がしますが、今までの経験を踏まえて書きます。

ブログをなかなか更新できないあなたへ ブログを書く時間を決めてみては?

ブログを書く時間を固定化する

私の場合、ブログを書くのは、朝の時間。

事務所に入る前にカフェで書くことが多いです。

なので、朝の時間、自宅を早く出てカフェに入ってブログを書くことが多いです。

土曜日も休日も、用事があるときは、用事のある場所の近くのカフェに1時間くらい早めに着いてブログを書きます。

だいたい私の場合、1つのブログを書くのに1時間くらいかかります。

もし、あなたがブログを書きたくても書けないというのであれば、朝の時間を活用してみてください

意外と朝の時間だと、カフェも静かで、ブログを書くのにはもってこいですよ!

私はよく「ひとり朝活」をしますが、この時間にブログを書いています。

どうしてもブログを書く時間がないという方は、まずはブログを書く時間の確保をしてください。

私は朝ブログを書くことをおすすめします。

ブログを書くネタがない…

意外とこれが多くてブログを書けないという方もいるでしょう。

もし、ブログの投稿数が少なければ、以前のブログのリライトをしてみてはいかがでしょうか。

多分、以前書いているブログと今のブログの体裁が結構違うこともあるでしょう。

それを直し、今の現状とことなっていれば、追記するなどでもいいです。

あるかたから「過去のブログもいい財産」ということを聞いたことがあります。

私もたまにしますが、ブログのリライトだって、立派なブログ更新です。

あとは、日々、なにか新しいことがあったりしたら、メモをしておき、ブログネタをストックしておくのもいいでしょう。

写真を撮影しておき、ブログのネタにするのでもいいでしょう。

私もブログ用に写真を多く残しています。

ただ、これの弱点は記憶がだんだん薄れてくること。

その内容でブログを書きたければ、早めに書いて更新することをおすすめします。

私も書きたいネタがあり、写真は残していますが、そろそろ書かないと忘れてしまいそう。

あとはメモに残すなど、ブログのストック化もいいでしょう。

まとめ

今回書いた内容は、ブログの本やブログセミナーとかで言われていることが多いでしょう。

どうしても続かないという方は、ほんの少しでもいいので書いてみるということから始めてみてはいかがでしょうか。

今回は
『ブログをなかなか更新できないあなたへ ブログを書く時間を決めてみては?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

私が朝はやく出る理由を書きましたので、こちらも合わせて御覧ください。

参考書籍

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ