「炒飯専門市場童童」六本木一丁目駅 炒飯とラーメンを同時に味わえるボリューム満点の店![ グルメ日記]

「炒飯専門市場童童」六本木一丁目駅
炒飯とラーメンを同時に味わえるボリューム満点の店!

東京都江戸川区葛西駅前 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

六本木一丁目駅すぐ、アークヒルズサウスタワーの地下1階にある店。

店の名前は「炒飯専門市場童童」

麻婆豆腐があったので、入ってみることに。

「炒飯専門市場童童」六本木一丁目駅

炒飯とラーメンを同時に味わえるボリューム満点の店!

炒飯専門市場童童の場所は?

関連ランキング:中華料理 | 六本木一丁目駅神谷町駅赤坂駅

麻婆豆腐炒飯とラーメンのセットで

今回いただいたのは、麻婆豆腐炒飯のハーフと醤油ラーメンのハーフ。
セットには春巻がついています。

お値段は税込1080円。

まずは麻婆豆腐炒飯から。

炒飯は石鍋でくるので、最後までアツアツの状態でいただけます。

玉子チャーハンで味は薄味でシンプル。
麻婆豆腐の味に合わせていますね。

麻婆豆腐は辛さは控えめ。
個人的には、もう少し唐辛子の辛さがあってもいいかなあと感じました。

そして、ラーメン。
カツオ系の香りが漂う醤油ラーメン。

細麺でスープにもあいます。

見た目よりもスープはあっさりとしていました。

春巻はカラッと揚がり、いいパリパリ感。

炒飯とラーメンと春巻をいっぺんにいただけるのは嬉しいですね。

ごちそう様でした!

まとめ

「炒飯専門市場童童」
他にも炒飯の種類があるので、今度は違った炒飯を食べてみたいです。

今回は
『「炒飯専門市場童童」六本木一丁目駅
炒飯とラーメンを同時に味わえるボリューム満点の店![ グルメ日記] 』

に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近の「グルメ日記ブログ」はこちらから!

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ