「肉のヤマキ商店お茶の水サンクレール店」 御茶ノ水駅近く 炭火で焼かれた甘辛焼肉でご飯がススム![グルメ日記]

「肉のヤマキ商店お茶の水サンクレール店」 御茶ノ水駅近く 炭火で焼かれた甘辛焼肉でご飯がススム!

東京都江戸川区葛西駅前 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

御茶ノ水駅近く、新御茶ノ水駅と直結しているお茶の水サンクレール。

その地下1階に焼肉丼がリーズナブルにいただける店があります。

店の名前は「肉のヤマキ商店」

早速ランチで行ってきました!

「肉のヤマキ商店お茶の水サンクレール店」 御茶ノ水駅近く 炭火で焼かれた甘辛焼肉でご飯がススム!

肉のヤマキ商店お茶の水サンクレール店の場所は?

関連ランキング:牛丼 | 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅小川町駅

「肉のヤマキ商店」あの丸亀製麺系列の新形態の店

丸亀製麺といえば、讃岐うどんをリーズナブルにいただける外食チェーン。

丸亀製麺を運営している株式会社トリドールが新形態で登場させたのが牛肉。

焼肉丼で勝負をかけ、現在足立区綾瀬や両国など都内に数店舗構えています。

一瞬「チカラめし」に似ている気がしますが、焼肉丼の他にもコロッケなどのテイクアウトもでき、意外と面白い形態です。

香ばしい焼肉丼を堪能!

中でいただけるのは炭火焼肉丼。
味は焼肉味、おろしポン酢、コク旨タレがあります。

今回は、定番の焼肉味に。
あと、汁物が欲しかったので、肉すいをチョイス。

さて、先に運ばれてきたのは、肉すい。
これが意外と薄味でも出汁がきちんと出ていておいしい。

そして、炭火焼肉丼が登場、
香ばしい香りが食欲をそそります。

早速いただきます。

うん、甘辛ベースのタレが肉としっかり絡んでおいしい。

また、このタレが白いご飯とよく合います。
もっとご飯が欲しいところです。

今回は100グラムの炭火焼肉丼にしましたが、ちょっと物足りない。
150グラムでもよかったと。

ちなみに炭火焼肉丼焼肉ダレは640円、肉すいは150円でした。

まとめ

「肉のヤマキ商店」
都内に何店舗かあるので、また行ってみたいです。

ごちそう様でした!

今回は、
『「肉のヤマキ商店お茶の水サンクレール店」 御茶ノ水駅近く 炭火で焼かれた甘辛焼肉でご飯がススム![グルメ日記]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近の「グルメ日記ブログ」はこちらから!

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ