【商業登記規則が変わります!】株式会社設立時に気をつけることは?

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前の
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

平成27年3月2日に会社設立予定の起業家のあなた!
商業登記規則が改正され、添付書面が増えますよ!

以前も書きましたが、大事なことなので、繰り返し書きます。

<関連投稿>

【3分で読める!】会社設立と商業登記規則改正 何か変わることはあるの?(株式会社編) | 司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

bus0011-001

商業登記規則改正 株式会社設立登記で注意しなければならないことは?!

3月に会社を設立予定しているあなた!
ちょうど商業登記規則が改正される時です。

株式会社設立にあたり、今書類の準備まっただ中の方もいるでしょう。

ここでチェック!
定款に取締役などを定めた場合、就任承諾書が必要になります。

その際の就任承諾書には、住所がきちんと書かれていますか?

それがないと登記の申請が受理されない可能性があります。

商業登記規則61条5項には
「就任を承諾したことを証する書面に記載した住所」
と書かれています。

なので、就任承諾書には住所記載が要求されることに注意しましょう。

つづいて「証明書」について

取締役会を置かない会社は、取締役就任の際、就任承諾書に実印を押し、印鑑証明書が必要です。

なので、別途住民票等の添付書面は不要です。

逆に取締役会設置会社で代表取締役以外の取締役が選任する場合、就任承諾書に住所・氏名を記載するほか、本人確認証明として住民票等が必要になります。

代表取締役については、就任承諾書に実印を押印するので、別途証明書は不要です。

いずれにしても法律(規則)が変わるときは見落としがちなので注意しましょう。

特に就任承諾書には、住所の記載を忘れないこと。
それが大事です!

株式会社設立登記には今回の商業登記規則改正が絡んできますので、十分注意しましょう。

今回もご覧いただきありがとうございました。
よろしければ感想をいただけると幸いです。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ