「三希房」 九段下 激辛四川麻婆豆腐と格闘 汗をかきながら完食!

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 麻婆豆腐大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

今回は私が大好きな麻婆豆腐グルメ日記。

2019年1月のある日。
九段下の東京法務局に仕事に行く用事があり、帰りのランチ時間帯で寄った店。

店の名前は「三希房」

「麻婆豆腐」が美味しいとの評判だったので行ってみることに。

激辛麻婆豆腐と格闘!果たして結果は?

「三希房」の場所はこちら

関連ランキング:中華料理 | 九段下駅神保町駅飯田橋駅

食べログ

「三希房」の場所はと店内は?

場所は九段下駅近く。
目白通りを飯田橋方向に歩いた2階にあります。

私が行ったときは11時40分くらいだったので混んではいませんでした。

しかし、12時過ぎになると行列ができ、人気店であることが伺えます。

店内はテーブル席とカウンター席があり、一人でも気軽に来ることができます。

実際私が一人でいったときも女性で一人の方もいました。

ランチメニューも豊富で飽きない!

ランチメニューは麻婆豆腐の他にも麺類や定食もあり、どれにするか迷ってしまうほど。
辛いのが苦手な方でも、五目あんかけなどが選べ、飽きない工夫がなされています。

ランチには、小鉢が2種類ついていて、なんだか嬉しくなります。

激辛麻婆豆腐と激闘!

今回のランチメニューは当然「四川麻婆豆腐」
しかも「激辛」と書いてあるのでどれだけ辛いのだろうと内心ビクビクしていました。

待つこと数分で定食が到着。

麻婆豆腐が来た途端、山椒の香りが広がって来ました。

早速いただきます。

うん、まず一口入れた途端、山椒の痺れがガツンときました。
その後に唐辛子の辛さがじゅわっと来ます。

それが口の中で一体化されたとき、なんとも爽やかな辛さになってきます。

ヒーヒーしながら食べる麻婆豆腐ではなく、サラッとした辛さでいただけます。

「激辛」となっていましたが、そこまで極端に辛くない麻婆豆腐。

肉味噌の旨さも凝縮されていて豆腐とうまく絡まっています。

これは私が食べた麻婆豆腐の中ではレベルの高い部類に入ります。

これで1,050円は良心的価格と言えるでしょう。

小鉢もきちんとついてきました。

食べ終わった後、実は汗がジュワッと額から出てきました。

なんだか爽快感が強い麻婆豆腐でした。

まとめ

「激辛」となっていましたが、意外と辛さと痺れが極端に尖ってはいない麻婆豆腐でした。

ここはまた来たい店の一つになりました。

今回は
『「三希房」 激辛四川麻婆豆腐と格闘 汗をかきながら完食!』
に関する内容でした。

 

あわせて読みたい

最近のグルメ日記ブログはこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ