【3分以内で読める!企業法務】商業登記規則改正で事前準備が大事!

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前の
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

今回は平成27年2月28日に改正される商業登記規則のことについて追加で書きます。

写真 2015-01-13 16 23 03
添付書面が増えた!

一番の問題は、就任・辞任・旧姓の記録、いずれにしても必要書面が増えたということ。

登記申請は変更してから2週間以内にしないといけないので、その準備にどれだけ時間がかかるか考慮しましょう。

中小企業の場合、だいたい経営者=代表者なので、用意するのに時間はかからないでしょう。
しかし、大会社の場合、就任登記などで取締役多数の場合、住民票等用意してもらうのに時間がかかります。

あと、就任時期の前後で住所が変わることもありえますので、そのあたりは事前に確認しながら作業するようにしましょう。


用意してもらう「本人確認証明書」

就任の際に添付する書面として法務省のホームページで「本人確認証明書」の例が色々書かれています。

おそらくホームページに書かれているのは限定的だと思います。
他にもパスポートでもいいのではないか等の疑問もあります。

実務が定着するまで時間がかかると思います。
まずは法務省のホームページに記載してあるものを準備するのが一番いいでしょう。

実は、あるところで、商業登記規則の改正論点についてお話する予定でレジュメの準備をしていました。
結構大きな改正になりそうだと思っています。

もしその近辺で役員改選がありましたら、早めに準備しておくことをおすすめします。

 

非公開会社の役員変更の登記実務

勝田 一男 中央経済社 2010-12
売り上げランキング : 1064727

by ヨメレバ

 

商業登記ハンドブック

松井 信憲 商事法務 2009-10
売り上げランキング : 113923

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ