都営地下鉄ワンデーパス 500円で都営地下鉄が乗り放題で意外と使える!!

都営地下鉄ワンデーパスが意外とお得で都内の観光やビジネスに使えるお得なきっぷ!

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

この日は鍼治療があり本八幡へ。
終わってから神保町。
そして、仕事の打ち合わせで新板橋。

あれっ、これってもしかしてワンデーパスが売っていればこちらのほうが得なのか?

新板橋駅で降りるときに気づいてしまいました。

今回都営地下鉄ワンデーパスについて書きます。

都営地下鉄ワンデーパスが意外と使える!

都営地下鉄ワンデーパス 発売時期と使える日時に注意

都営地下鉄ワンデーパスは500円で都営地下鉄が乗り放題となるパス。

都営地下鉄の路線は

  • 浅草線(押上~西馬込)
  • 三田線(目黒~西高島平)
  • 新宿線(新宿~本八幡)
  • 大江戸線(光が丘~都庁前~六本木~大門~両国~飯田橋~都庁前)

都電、都営バス、日暮里・舎人ライナーには乗車できないので、こちらに乗りたいのであれば「都営まるごときっぷ(700円)」を購入してください。
「都営まるごときっぷ」も使い勝手はいいです。

あと、上記以外の東京都内の地下鉄(東京メトロ)では使えません。
さらに、都営ワンデーパスで京浜急行や京成電鉄、東急電鉄、京王線に乗りたい場合は、別途運賃が必要です。

切符形式とIC形式があります。

ただ、このパスを利用するにあたり注意しなければならないことが。

まずは平日は使えず、もっぱら土曜・日曜・祝日と指定された平日(お盆の時期)にしか販売されないし、使用できないこと。

さらに、通年販売ではなく、季節ごとで発売されるので、土曜日であっても販売していないときがあること。

いつ販売されるかは、こちらのホームページから確認してください。

都営地下鉄ワンデーパスは本当にお得!

現在都営地下鉄の最低運賃は、切符だと180円、ICカードだと174円。

ワンデーパスを使うと、販売額がワンコイン500円
実は3回乗ればもとが取れます

都営地下鉄でも沿線には六本木や東京ドーム、浅草などの観光スポットがあり、一日観光に使うにはもってこい!

あと、土曜・日曜・祝日でも仕事でも使えることができるので、ビジネスで移動することが多い場合にも重宝します。

施設で切符を提示すると割引を受けられることも!

都営交通沿線の施設や店舗で対象乗車券を提示すると、割引やプレゼントなどの特典を受けることができます。
ただし利用する日に限られますが・・・

ワンデーパスを購入して、店で割引も受けられる、なんだかお得な切符ですね。

詳しくはこちらも御覧ください。

まとめ

東京メトロ24時間券、東京メトロ都営地下鉄1日乗車券、都営地下鉄ワンデーパス、使い方に応じてとてもお得に乗車できます。

都営地下鉄ワンデーパスが発売されるときはこのカードで色々回ることができて便利。

是非活用してみてはいかがでしょうか。

今回は
『都営地下鉄ワンデーパスが意外と使える!500円で都営地下鉄が乗り放題!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

以前「東京メトロ都営地下鉄一日乗車券」を購入してみました。
その時の感想をブログで書いたので、ぜひご覧ください。

 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ