なぜ会社や法人の「定款」って大事なのですか?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

このブログで「定款」が大事だということをかなり書いています。

ただ、なぜ定款が大事なのか、そこまで突っ込んで書いていなかった気がします。

書いていたとしても会社法の書籍に書いてある内容をそのまま書いている気が。

そこでこれから起業し、会社設立や一般社団法人を設立するあなたになぜ「定款」が大事なのか、解説していきます。

そもそもなぜ会社や法人の「定款」って大事なのですか?

まずは会社法の位置づけを理解する

まず、会社設立の方法、募集株式の方法など、細かく規定しているのが、会社法です。

さらに会社法の内容を具体的に細かく規定されているのが会社法施行規則や会社計算規則、そして登記手続きを規定してあるのが、商業登記法や商業登記規則となります。

そして、会社法に規定されていない一般的な内容は民法に規定されています。

なので、まずはあなたの会社の運営、経営に当たり、会社法の条文に基づいて行われることを理解してください

定款がなぜ大事なのかを考える

会社法で、株式についてや株主総会、会社の計算、組織再編、解散・清算など定められています。

ただし、会社は大会社から小会社まで様々でこのまま会社法を適用すると不都合なことがあります。

そこで、会社の実情に合わせ定款で会社法の要件を緩和したり厳格化することができるのです。

定款に規定があると、会社法の規定に反しない限り、会社法の条項より優先的に適用されます。

例えば、株式の譲渡制限。

これは定款で規定することにより定めることができるもの。

これがあることで、取締役会を置く必要もなく、役員の任期も10年に慎重できるようになるのです。

なので、会社法をきちんと理解した上で、定款の規定を考えることが会社を運営する際重要になるのです。

合同会社は定款が命

株式会社以上に定款が大事になってくるのが合同会社。

合同会社は定款の規定次第で、会社の運営が大きく変わってきます。

例えば、社員の承継について。
これは定款で定めないと、社員の相続権は発生しません。

定款で定めて初めて効力が発生することもあり、株式会社の定款に比べて自由度は多いですが、しっかり理解して定めないとたちまち会社経営が成り立たなくなる、それが合同会社の定款です。

まとめ

会社法のもとで会社は動いていますが、定款の果たす役割は大きいです。

なので、自分の会社の身の丈にあった定款にすることがこれから会社を運営する上で重要です。

今回は
『なぜ会社や法人の「定款」って大事なのですか?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

「合同会社は定款が命」と文中に書きましたが、なぜ大事なのか?こちらのブログとあわせて御覧ください。

参考書籍

中小企業のための戦略的定款―作成理論と実務

司法書士グループLLP経営360° 民事法研究会 2008-06
売り上げランキング : 827176

by ヨメレバ
会社法定款事例集

田村 洋三 日本加除出版 2015-07-01
売り上げランキング : 162971

by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ