Facebookのコメント欄は要注意ですよ!


ビジネスでFacebookを使いたいあなたへ

あなたはFacebookをどんな目的で使いたいですか?

仕事・交流・情報発信・その他・・・

もし、これから、個人事業を始めたい方、会社設立で自分のことを知ってもらうため、ビジネスのためにFacebookを使いたい方。

そういう方に、ちょっと気をつけてもらいたいことがあります。

それは「コメント欄」です。

<参考投稿>
Facebookで「これだけは勘弁してほしい」こと | 司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)
 

朝のFacebookのコメント欄は・・・

朝投稿すると「いいね!」や「コメント」の反応がすごくいいと言われています。
私も、Facebookをやってきて、朝の投稿が一番反応が良かったです。

さて、反応がいい朝の投稿。
実はビジネス上まずいこともあります。

それは朝の投稿の際のコメント欄。

朝、情報発信のためにFacebookをやっている方は要注意。

「コピペおじさん」「挨拶おじさん」とか、コメント欄を荒らす(?)方が結構います。

そういう方は、自分のエッジランクを上げたいとか、アフリエイトとかお構いなしにやっています。

つまり、投稿した方の友人が見ると、コメント欄の内容が奇妙に感じてしまうのです。
それはもったいないことです。

場合によっては、自分のブランディングを下げてしまう結果にもつながります。


常にコメント欄に気を配る

自分の投稿は、その友人や友人の友人にも見られていることを常に意識することが大事です。

特にこれからビジネスで使いたい方は要注意です。

コメント欄でやたらコピペおじさん、挨拶おじさん、投稿となんの関係の無いコメントをする方がいる場合はそれなりの対処は必要でしょう。

そのようなコメントをする方が実際にあったことのない友達であれば、友達を解除したり、スパム報告をするなど、コメント欄を見やすくするということも大事ではないでしょうか。

当然、その方のコメントも削除する必要もあります。

コメント欄にも気を配ることも大事ですね。

bus0027-001

まとめ

要はFacebookの投稿はコメントと表裏一体になっていること。
そこを強く意識しないといけません。

使い方は人それぞれと言ってしまえばそれまでですが・・・

ただ、自分の投稿がかえってマイナスイメージにならないように注意したいですね。

<参考書籍>

毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法

樺沢 紫苑 東洋経済新報社 2014-11-21
売り上げランキング : 1091

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ