会社設立・起業するにあたり大事なことは?

写真 2014-08-06 7 52 09

★これからビジネスしたいあなたにとって大事なことは?

 

昨日、web心理塾のセミナーに参加しました。

「新・家元制度」の前田出先生が講師となり、
協会ビジネスについてお話されました。

前田先生の著書

 

これから協会ビジネスをする方も
自分で起業して開業する方も、
かなり大事なことをお話しされていたので、
今回はこのブログ内で共有していきます。

 

★大事なのは「理念」

 

株式会社・合同会社をつくるにしても
協会をつくるにしても、
個人事業主で始めるにしても大事なこと。

それは「経営理念」・「理念」

なぜ、この事業を始めようと思ったのか
真剣に考える必要があると思います。

節税対策だとか、ただ単に儲けたいだけの
理由だけで事業を開始しても、
途中で頓挫するのは目に見えています。

本当にこの事業をして何を目指しているのか
自分と真剣に向き合って考える必要が
あるでしょう。

さらに、第三者に共感してもらえる「理念」
を考える必要があります。

自分だけ「理念」に満足しても意味がありません。

お客様が自分の商品・情報を提供する材料として、
なぜ、数ある商品・情報から自分を選んでくれたのか
そこには自分の思いが相手にきちんと伝わる
「理念」が必要です。

価格競争に負けない、独自のブランドを確立し
共感を得られる「理念」というものを
ぜひ考えてください。

しかも端的に表現できる「理念」が
浸透しやすくいいでしょう。

意外と会社設立の際、考えていない方が
多い部分です。

 

★「逆算」で考える(準備をぬかりなく)

 

昨日の前田先生の講演で気になった点があります。

それは協会設立にあたり、準備をぬかりなく行う
必要があること。

協会を設立してからあれこれ考えても、
運営はたちまち行き詰ってしまいます。

となると、会社設立や協会設置の段階で
どうビジネスモデルを構築するか、
真剣に考える必要があるでしょう。

例えば、株式上場を目指して会社を設立する場合、
いつまでに上場するか、資金調達をどうするか
など、設立前段階からしっかりと考えることが
必要です。

その際に考えるのは「逆算」

目標達成をいつにするか、
そこまでに何をしなければいけないのか、
逆算で考えると、意外と事業計画も
決まると思います。

無理のない範囲で計画を立てて、
それにしたがってやってみる。
やりながら修正するといったスタンスのほうが
うまくいくのではと思います。

 

★まとめ

 

昨日のセミナーを受けての感想は、
とにかく「理念」を大事にすること。

その「理念」に基づき経営しつつ、
第三者にも浸透させ、共感を得てもらうこと。

これが重要なのかと思います。

「理念」なき経営は、経営の行き詰まりのもと。

他の会社や法人との差別化を図るため
考えてみてはいかがでしょうか。

 

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ