都電荒川線7000形が形式消滅 一つの時代が終わる・・・ 江戸川区葛西司法書士・行政書士の鉄道日記

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は鉄道ブログ。


都電荒川線。
最近は愛称名を募集しており、
ちょっとした話題となっています。


そんな中、都電7000形がすべてなくなる
という情報がありました。

 

都電荒川線7000形が形式消滅 一つの時代が終わる・・・


物覚えのついたときから走っていた車両


私の実家は都電荒川線沿線。
なので、7000形は物覚えがついたときから
走っていました。


現在の7000形は台車は旧式のもので、
車体更新して誕生したもの。


車体は黄色と青から白と緑へと変化して
いきました。


最近では、昔の都電のカラーリングをした
車両も走っています。



新型車両の登場により廃車や他の鉄道会社に・・・


新型車両の登場により、7000形も廃車の
対象になりました。


廃車となった車両もあれば、他社へ譲渡
された車両もあります。


2016年5月に豊橋に行った時に、
豊橋鉄道で走っていた都電荒川線の
旧7000形を発見!
思わず懐かしく感じました。

7000形は今後どうなるのか・・・


7000形は、近いうちになくなってしまう
ことになっています。


本来、東京都交通局では新車で賄う
予定だったそうです。


しかし、7000形の車体を活かし、
台車等を最新型に更新した7700形
登場させました。


8編成登場させ、カラーリングも数種類
あります。


車体も出入り口を広くし、車内も
最新型車両にあわせています。


ちょっと7700形は7000形と比べ
雰囲気が変わっているかもしれません。


ただ、見方によってはまだ7000形は
見ることができるでしょう。

まとめ


物覚えがついたときから走っていた
都電荒川線7000形。


カラーリングも変化していき、
ついに形式消滅の時期を迎えることに。


ただ、7700形で見ることができるので、
7000形の形式消滅はあるにしても、
あの独特な表面はまだ見られることで
安心しています。

 

今回は
『都電荒川線7000形が形式消滅 
一つの時代が終わる・・・』

に関する内容でした。


日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ