日比谷線新型車両13000系 営業運転開始日に乗ってきた! 江戸川区葛西司法書士・行政書士の鉄道日記

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

今回は鉄道ブログ。

日比谷線の13000系のことについては平成28年12月のブログでも紹介しています。

東京メトロからのクリスマスプレゼント 日比谷線の新型車両に乗車してきました! 【司法書士・行政書士の鉄道日記】 

平成29年3月25日から運転開始されるとのことで、早速北千住駅に行ってきました。

日比谷線新型車両13000系 営業運転開始日に乗ってきた!

行先表示器も編成両数が表示

今度の日比谷線の新型車両は7両編成

今までの日比谷線の車両は8両編成なので、1両分少なくなっています。

なので、乗る方が混乱しないようにホームの行先表示器には編成両数が新たに表示されていました。

さらに、ホームには乗車位置も7両編成、8両編成とステッカーが貼られています。

13000系 2編成が登場!

今回、日比谷線の新型車両は2編成登場。

私が乗ったのは13002編成です。

車内はLCDが3画面、案内が分かりやすくなっています。

今後の東京メトロの新型車両はこの広々LCDになっていくのでしょうか?

今回の日比谷線の新型車両は、東武スカイツリーラインにも乗り入れることになっています。

東武スカイツリーラインも70000系が登場!

日比谷線と同一設計の車両が東武鉄道にも登場します。

3月25日現在で既に3編成が車庫に搬入されています。

東武鉄道では、いつから70000系を運転させるのか発表していません。

性能検査等があるので、4月のダイヤ改正当日には間に合わず、夏くらいから登場するのではないかと私は読んでいます。

まとめ

ついにベールを脱いだ東京メトロ日比谷線の新型車両13000系。

これからの日比谷線の新しい顔になります。

03系は早い段階で姿を消すので、早めに記録に残しておこうと思います。

今回は
『日比谷線新型車両13000系 営業運転開始日に乗ってきた!』
に関する内容でした。