朝を有効に活用できるかどうかで人生は変わるかも?【司法書士の読書日記2016年9冊目】

朝を有効活用できるかどうかで人生は変わる?


2016年9冊目、今回紹介する本は、
「人生の勝負は朝で決まる」
(千田琢哉著)

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣

千田 琢哉 学研プラス 2016-01-12
売り上げランキング : 3861

by ヨメレバ


朝早起きするといいという内容の本は
多く出版されているし、私の読書日記
ブログでも紹介している。


また違った切り口から書かれているよう
なので、早起きマニアの私からしたら
また、大きな収穫があった本である。


やはり、人生の成功者は朝の時間の使い方が上手である。


著者の千田さんも、朝を有効活用できたから
ここまで成功したのだと、この本を読んで
感じた。


この本に書かれている一つでも実行できれ
ばあなたの今までの時間の過ごし方を見直
す契機になるかもしれない。


時間というのは、誰もが24時間しかない。


どう使うかで、人生が変わってくる。


どうしても時間がない・・・


というあなたには朝の時間の使い方を
変えてみてはいかがだろうか。


この本は、朝の時間を有効活用したいが
その方法がわからないあなたにとって
まさに指南書といえるだろう。


朝の過ごし方が人生を大きく左右させるかも?


私も電車通勤しているが、
時間をずらしただけでなぜ人はこんなにも
変わるのかと思ってしまう。


やはり、ギリギリに出社する人ほど
ココロの余裕がない人であろう。


そういう方が朝の時間の使い方を変える
だけで面白いくらいに今までの生活が
変わってくるだろう。


この本で、

朝の過ごし方次第で人生を大きく左右させること
ができる。


より人生を楽しく自分の思い通りに
させることができる

ということを感じるにはいられなかった。


やはり朝に勉強するのは最適だ!


この本で、共感できることの一つに
朝の時間で勉強すること。


私も司法書士試験を勉強していたが、
実際に効率よく勉強できたのは
朝だった。


朝の時間に、出社ギリギリまでしか出来な
い緊張感で、効率を図ることが出来た。


むしろ、夜は全然勉強できず、かえって
寝たほうがいいのかと思う。


この考えは著者の方と同じである。


むしろ夜に暗記ものをして、寝て、
そして朝その復習をするだけで、
記憶力が定着する。


そういう勉強方法を発見できるだけでも
この本を読む価値はある。


まさに難関資格試験を目指している方には
最適な方法である。

朝は夜の作業の数倍捗る


やはり朝は頭脳作業をやるのに最適。


夜にやるのと比べ、格段に効率が違う。


この本でも紹介しているが、やっぱり朝の
時間を使える方が、何事もうまくいって
いる気がする。


この本では「朝」の大事な時間を自分の
体験に基づき書いているので説得力が
ある。

写真 2016-02-22 6 10 14

まとめ

やはり朝は時間を活用するのに最適。

この本を読んで改めて認識した。


朝に関する本は様々な角度から出版されて
いるが、どの本にも共通しているが、
やはり朝は時間活用の面からも
優れていると感じた。


この本でも朝に関して学ぶべきことは
多いし、こういうふうに朝の時間を使うと
充実するものだと感じた。


朝の時間を上手に使いたい
ビジネスマンや受験生に
最適な本である。

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣

千田 琢哉 学研プラス 2016-01-12
売り上げランキング : 3861

by ヨメレバ

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!メルマガ登録

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ