会社設立 あなたは自分でやりますか?専門家に任せますか?【司法書士の業務日誌】

会社設立、自分でやりますか?


「来年には自分の会社を立ち上げる!」

そのような思いの起業家も多いでしょう。

では、会社設立を自分でやりますか?
誰かに依頼しますか?


自分で会社設立手続きをすることはできますが・・・

そもそも会社設立自体、
自分ですることができます。


ただ、
定款を作ったり、書類を作ったり
結構大変です。


今の世の中、書籍やホームページで
「会社設立 書類」とかで検索すると
たくさんの雛形が出てきます。


ただ、自分でやる以上、定款の意味も
理解し、なぜこの書類が必要か理解して
やらないと、頭が混乱するだけです。


特に
定款は、会社設立後の自分たちの
行動の規範となるものなので、
しっかり理解しておかないと
後日訴訟などのトラブルに
巻き込まれてしまいます。


自分でやるときは、自己責任で
理解したうえでやってください。


会社設立誰に依頼すればいいですか?

最近会計事務所とかが

「設立実質0円」

を謳い文句にホームページで格安で
会社設立代行をやると掲載されています。


しかし、税理士は会社設立登記申請自体
することができません。


それをやると、司法書士違反となり
処罰の対象になります。


税理士事務所は、
他の司法書士に委託していることが
多いようです。

ただ、設立登記0円にする代わりに
自分の事務所と顧問契約を締結させる
ことを条件にすることが多いです。

トータルに考えると
費用が割高になる可能性があります。


また、一度税理士と顧問契約をしてしまうと
なかなか変えづらい傾向があるので、
よほど慎重にやらないといけません。


一方、行政書士の場合はどうか。

行政書士は会社設立に関する書類は
作成可能です。


ただ、
登記の段階で、申請書の作成や
法務局への申請書の提出
代行を行うことはできません。


申請書を行政書士が作って、
法務局に持っていくのは経営者自身

というのもできません。


会社設立登記まですべてできるのは
司法書士です


なので、会社設立に関して依頼したいので
あれば、司法書士にすることを
オススメします。


決して、値段が安いからとかという
理由で士業を選んではいけません。


まとめ

会社設立は、子供が生まれるのと
同じことです。


なので、あなたにとって
会社設立行為はとても重要です。


それを最初から手こずると
大変なことになります。


商業登記は司法書士業務の要。

わからないことがあればぜひ
司法書士に相談してみては
いかがでしょうか。

登記官からみた 株式会社設立登記の実務

横山 亘 日本法令 2013-06-13
売り上げランキング : 484669

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ