「王ろじ」新宿三丁目伊勢丹そばにある老舗で「とん丼」なるものをいただく!

「王ろじ」新宿三丁目伊勢丹そばにある老舗でとん丼なるものをいただく!

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

とんかつが大好きな私。

今回訪れたのは、以前から店の前をとっていたときに気になっていたお店。

そのお店の名前は「王ろじ」。

大正10年創業の老舗。

どんなカツが味わえるのか、いってみました。

▲大正10年創業の老舗「王ろじ」

「王ろじ」の場所は?

関連ランキング:とんかつ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

「王ろじ」の店の雰囲気は?

店内はカウンターとテーブル席。

今回はカウンターに通されましたが、人数が多いとテーブル席に通されます。

昔からある店なのか、雰囲気が何となくレトロな感じがしました。

「王ろじ」新宿三丁目伊勢丹そばにある老舗でとん丼なるものをいただく!(2021年10月訪問)

伊勢丹付近 路地裏にある老舗とんかつ店

新宿三丁目、新宿通りと靖国通りの間にあり、近くには伊勢丹のある路地にあるお店。

それが「玉ろじ」です。

ランチ時は行列ができていて、人気店でもあります。

実は前から気になっていたお店で、一度は入りたいと思っていました。

たまたま前を通ったら、先客が少なかったので、並んで待つことに。

待つこと十分ほどで店内に入りました。

カウンターでメニューを見ると「とん丼」に目がいき…

早速カウンターにとおされ、メニューを見ると、とんかつ専門店だけあり、とんかつ主体のメニュー。

よく見ると気になるメニュー「とん丼」が。

▲メニューはとんかつがメイン そこそこ良いお値段

どうやらカツカレーのようですが、気になったので、それを注文することに。

カレー丼の上にとんかつののった「とん丼」の味は?

注文後、まず運ばれるのは、漬物。

大根のさっぱりした漬物でした。

▲大根の漬物 これが意外とさっぱりしていて美味しかった

どうやら、とんかつが揚がるまで13分かかるとのことで、どんなのが来るかワクワクしました。

▲揚がるまでには結構時間がかかるので、気長に待ちたい

待つこと十数分、お目当ての「とん丼」が来ました。

カレーの上に結構厚めのとんかつが!

▲丼にカレーとソースがかかったカツが3切れ

早速いただきます。

まずはカレーから。

カレーは意外とスパイシーで甘めかと思いきや、意外と辛くて丁度いい。

そして、お目当てのカツ。

▲一切れのカツが意外と大きい

ここのカツは一切れが大きく、サクッと揚がっています。

食べた瞬間柔らかく、サクッとした食感がいいですね。

ミルフィーユみたいなカツのような感じがしました。

カツにもソースがかかっており、カレーとも相性はいいです。

大きめのカツが3つほどあり、かなりのボリューム。

お値段は1,150円です。

老舗のかつ、美味しくいただきました。

まとめ

「王ろじ」、期待通りの美味しさで大満足。

少しお値段が高いのが難点ですが、揚げ具合、肉の柔らかさは良かったです。

また、訪問して、今度はとんかつ定食でもいただきたいと思いお店を後にしました。

<王ろじの個人的評価(5点満点)>
味 ★★★★★
店の雰囲気 ★★★★
量 ★★★★
値段 ★★★

今回は
『「王ろじ」新宿三丁目伊勢丹そばにある老舗でとん丼なるものをいただく!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近とんかつグルメ日記ブログはこちら

みんな大好き!から揚げとんかつハンバーグ首都圏版

ぴあ 2019年02月26日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告