遺言書を書く前に、まずは相続人は誰かを調べましょう!「家系図」の活用を!

遺言書を書く前に、まずは相続人は誰かを調べましょう!「家系図」の活用を!

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

最近、相続案件を抱えていて気になることがあります。

それは相続開始後に多くトラブルが発生していること。

相続開始前にある程度のことをしておけばトラブルは未然に防ぐことも可能。

そのトラブル解決策として「遺言書」があります。

ただ、作成するときに気をつけたいことがありますので、今回は「遺言書」作成にあたり注意することを書きます。

遺言書を書く前に、まずは相続人は誰かを調べましょう!

相続人は誰か特定する意味は?

あなたが持っている財産をもとに争いが起きることは、様々な相続を見て明らかです。

財産の規模を問わず揉めてしまうときは揉めてしまいます。

特に相続関係が複雑になると揉めるリスクは高くなります。

それは遺留分の発生で一部財産が相続人に持っていかれる制度があるため。

そのため、自分の相続人は誰であるかを知っておくことは「遺言書」を書くときに重要な要素になります。

いきなり「遺言書」を書くのにハードルが高いと思っている方へ 家系図を作ってみる

最近、巷で「家系図」を作るブームがあります。

家系図を作ることで自分の祖先は誰だか知ることは可能です。

家系図を作ることで、自分の相続関係が明らかになるだけではありません。

この人に財産を託していきたいという思いにもつながっていきます。

つまり、「家系図」を作ることは自分の棚卸しの一つにもつながるのです。

家系図であれば、いきなり遺言書を書くよりもハードルが低く、相続対策の一つとしても使うことができます。

遺言書を書くときはとにかくハードルを低く!

遺言書を書く行為は、法律に従って書かないといけないとか、財産の分け方のイメージがつかないとかでとっかかりにくい。

なので、途中でやめてしまい、後回しになる傾向にあります。

そうなると、遺言する気力も落ちてしまい、書かないまま亡くなり、争いが起きる。

意外と相続の悪循環に陥りやすいです。

「遺言書」の件で、司法書士などに相談するのと同時にまずは「家系図」と「あなたの思い」をどうしたいかをまずは決めましょう。

法律論抜きでいいので、あなたの気持ちを率直に伝えることが重要になります。

まとめ

相続は「法律」「税務」で解決できない「ココロ」の問題が多く潜んでいます。

私は「ココロ」を重視した相続対策がこれからの時代重要になると感じています。

今回は
『遺言書を書く前に、まずは相続人は誰かを調べましょう!「家系図」の活用を!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

相続に関する最新ブログはこちら

参考書籍

わたしの家系図物語

渡辺 宗貴 時事通信出版局 2019年03月26日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ