時間と場所を選ばないパラレルキャリアを始めよう!【会社設立アドバイザーの読書日記】

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

写真 2015-07-20 16 35 25

今回は読書日記

「時間と場所を選ばないパラレルキャリアを始めよう!」
(石山恒貴著 ダイヤモンド社)

時間と場所を選ばない パラレルキャリアを始めよう!―――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる

石山 恒貴 ダイヤモンド社 2015-07-03
売り上げランキング : 12201

by ヨメレバ


2枚目の名刺であなたの可能性が広がる!

この本を読んでの率直な感想。

人生は一つのことに固執する必要はない。
いろいろ視野を広げるためにも、「2枚目の名刺」を持つことはいいことではないか。

そのことを具体的にかかれていて大変参考になった。

この本では、パラレルキャリアといって、本業の他にも別の分野で活躍していくことを推奨している。

一つのことに固執するだけだと人生は豊かにならない。

しかし、複数の目を持つことで、本業をさらに充実させることが出来ると主張してある。

私もこのことにつき賛成である。

これからの時代、一つのことに固執すべきではなく、様々な視点で見ることは自分の人生をより豊かにさせるのではないかと思う。

この本は、今後自分のキャリアを確立していきたいあなたには最適な本である。
 

新しい自分に出会うために!

パラレルキャリア、聞こえはいいかもしれないが、私はこれからの時代、大事な要素になってくると思う。

実はパラレルキャリアは本業の他に副業で稼ぐというイメージを読む前に思っていた。

しかし、実際は、自分とは別の分野で、

  • 社会に関わりたい
  • プロボノ活動したい

様々な思いの方が、本業の他にもやっていく姿。

「パラレルキャリアの本質」を掴むことで、より人生が楽しく充実したものになると読んで感じた。

新しい自分と出会いたいのであれば、この本で勉強するといいだろう。

具体的事例も豊富なので、得る部分も多い。


この本で響いた部分は?

本業において、ゼロベースのもやもやした状態で、物事をイチから考える機会というのは、実は少ない。ゼロベースで物事をイチから考える、これこそが社会人にとって得難い経験となるのである
(27ページ)

自分の新しいことを挑戦することで、今まで見えていなかったことが見えてくる、この経験をすることは人生にとってプラスになることは大きいだろう。

これからの時代、複数のキャリアをもつことは重要。

その入門書として本書を読むことはいいだろうと思う。

今の生活に満足していない、新たな人生を築いていきたい、そのようなあなたはぜひ読むことをオススメする。


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

時間と場所を選ばない パラレルキャリアを始めよう!―――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる

石山 恒貴 ダイヤモンド社 2015-07-03
売り上げランキング : 12201

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ