中小零細企業の経営 大事な要素はやっぱり〇〇です!【司法書士の業務日誌】

中小零細企業の経営 大事な資源は〇〇!

日本の企業で圧倒的な数を誇る
中小零細企業。


昨今事業承継等の問題もあり、
置かれている立場も厳しいです。


ただ、そんな中でも元気な企業も
あるのは事実。


意外と大事にしているのは〇〇です!


経営で大事な要素それは・・・


先日、私が関与しているある会社の
忘年会に参加しました。


その時の挨拶で

「私達の会社は家族みたいなもの。
何か困ったことがあったら相談して
欲しい」

とおっしゃっていました。


中小零細企業で大事なのは

「ヒト」

です。

売上を上げることは当然のことですが、
それ以上に「ヒト」という要素は
経営する側にとって大事です。


「ヒト」というのは
会社の従業員だけでなく
従業員の家族、会社に関わりのある方
すべてをさすものといっていいでしょう。


「ヒト」を疎かにしてしまうと、
いくら経営状態が今は良くても
後々トラブルの要因につながります。


「ヒト」を大事にしているからこそ企業は伸びる!

ヒトにとうしすることは、会社にとっても
勇気ある決断といえます。


自分の会社に定着してくれるのか、
他の従業員と仲良くやってくれるのか
色々心配事があるでしょう。


そこは根気よく育てる必要があります。


会社をより大きくしたいのであれば
どうしても「ヒト」を活用する必要が
あります。


そこを見極める力を持つことが
経営者には求められる部分です。


経営者の個性が強くても・・・

中小零細企業はどうしても経営者の個性が
強く、経営者の一存で何もかも決まる
傾向があります。

強いリーダーシップを発揮することは
大事です。

経営理念を軸に自分の会社を発展させる
ことが経営者の務めです。


ただ、それを下支えしているのは
「ヒト」であるということは忘れては
なりません。


従業員は経営者の姿を見ていないようで
きちんと見ています。


従業員の模範となるような経営者で
いる必要があるということを自覚して
おきましょう。

meeting-311355_1280

まとめ

中小零細企業で大事なのは
「ヒト」
である理由を大まかに書きました。


これから規模を大きくしていきたい場合、
どのように人材を育てるか
時間がかかるということを確認してください。


繰り返しになりますが

中小零細企業はヒトで成り立っている

経営者の皆様覚えておきましょう!

士業専門家による中小企業支援のてびき―士業専門家による経営支援

企業支援司法書士グループKBQ 民事法研究会 2011-07
売り上げランキング : 920626

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ